NEW

【福島記念(G3)展望】JRA 裏街道重賞も馬鹿にするなかれ。高配当の妙味。伝統のハンデ重賞は大混戦必死!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 注目馬として、ドレッドノータス(5歳騸 栗東・矢作芳人厩舎)を推す。前走は中山1600万下のレインボーSに出走。7番人気ながら石橋騎手の好判断から逃げをうち、見事勝利した。同馬は気性難から出世が遅れたが、母は仔出しのいいことでも知られるオークス3着・重賞3勝馬のディアデラノビア。 ドレッドノータスは前走の勝利を期に確変しても不思議ではない血統馬である。

 前走のレース後、鞍上の石橋騎手からは「この馬向きの馬場コンディションでした。逃げる競馬に慣れてはいませんでしたが、戸惑うことなく良いリズムで走れましたし、直線向いてさらに突き放したのですから強かった。3馬身差もつけての勝利ですから単に展開がハマったという訳ではないと感じています。ひと皮向けるのではと感じるほどの走りを見せてくれたのでこれからがさらに楽しみです」と、同馬の一変ぶりに感心していた。

 ゴール前登り坂のある中山競馬場と福島競馬場。似通ったコースなら3歳時以来の重賞挑戦だが、再度の好走も十分にありうる。今回は落馬負傷療養中の石橋騎手から国分優作騎手に乗り替わりとなるが、騎手人気も無い分、配当妙味はありそうだ。

 その他、同じコースの七夕賞を勝利しているメドウラーク(7歳牡 栗東・橋田満厩舎)、中山記念で3着している逃げ馬マルターズアポジー(6歳牡 美浦・堀井雅広厩舎)、金子真人氏のディープインパクト産駒レトロロック(6歳牡 栗東・中竹和也厩舎)、期待のホープ・荻野極騎手が鞍上のG1レース常連の古豪、サトノノブレス(8歳牡 栗東・池江泰寿厩舎)などにも注意が必要だ。

 伝統のハンデ重賞、第54回福島記念。大混戦模様を制するのはどの馬か? 馬券妙味たっぷりの同レース。高配当?をゲットし、G1戦線の資金を蓄えておきたいところだ。

【福島記念(G3)展望】JRA 裏街道重賞も馬鹿にするなかれ。高配当の妙味。伝統のハンデ重賞は大混戦必死!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!