NEW

武豊「相棒」引退で今後の成績に不安!? JRA4000勝やディープインパクト三冠、キズナで復活を支えた「縁の下の力持ち」

【この記事のキーワード】, ,
武豊「相棒」引退で今後の成績に不安!? JRA4000勝やディープインパクト三冠、キズナで復活を支えた「縁の下の力持ち」の画像1

 武豊騎手をエージェントとして長年支えてきた平林雅芳氏が、年内をもってエージェントを卒業することがわかった。

 平林氏は2001年に武豊騎手とエージェント契約をし、その後長らく関係が続いていた。2005年のディープインパクトでの三冠や2010年の落馬負傷後のスランプ、そしてキズナで復活の日本ダービー制覇……まさに苦楽をともにしてきたコンビといえるだろう。

 平林氏はスポーツ紙内のコラムで「今年の最後の競馬、12月28日をもって武豊Jのエージェントを卒業します」とし、JRA4000勝を節目として「若い人にバトンタッチの時期でありましょう」と、後進に道を譲ることを決めたという。

「一時は武豊騎手に周囲が『平林さんからエージェントを変更したほうがいい』と諭すこともあり、他のエージェントが近づいてきたこともあったようですが、武騎手がこれを固辞。それだけ強い結びつきだったということでしょう。

この秋のG1でも存在感を示している武豊騎手ですが、騎乗だけではなく騎手会長として、そしてタレントとしての仕事もあり多忙を極める存在。マネジメントをしてくれる新たなエージェントの存在は必須でしょうね」(競馬ライター)

 競馬界のレジェンドたる武豊騎手のエージェント、その重責は極めて重い。以前のようにバリバリの有力馬が集まってくることは減ったが、いまだG1競走を賑わす素質馬に騎乗する機会も多い(騎乗技術の賜物ではあるが)。それだけに、後進の責務は重く、有力馬をあてがえるかどうか非常に厳しい目が向けられるに違いない。

 平林氏の引退で、武騎手の成績が下降しないことを祈るばかりだ。一刻も早く優秀な新エージェントが見つかってほしい。

武豊「相棒」引退で今後の成績に不安!? JRA4000勝やディープインパクト三冠、キズナで復活を支えた「縁の下の力持ち」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール