NEW

JRA「新2歳G1」は東京スポーツ杯2歳S!?「13年連続」G1馬輩出中の”最強出世レース”に今年も超大物続々……

【この記事のキーワード】, ,
JRA「新2歳G1」は東京スポーツ杯2歳S!?「13年連続」G1馬輩出中の最強出世レースに今年も超大物続々......の画像1ワグネリアンもこの出世レースを使った

 17日に東京競馬場で開催される東京スポーツ杯2歳S(G3)へ、今年も将来が嘱望される素質馬が続々と集まっているようだ。 

 昨年は、後のダービー馬ワグネリアンが重賞初制覇を飾った東京スポーツ杯2歳S。レースの格的には近年、充実化が図られてきた2歳重賞路線の中でのG3の1つに過ぎないが、その実は”ある意味”で年末に行われる朝日杯フューチュリティS(G1)や、G1昇格を果たしたホープフルS(G1)といった「2歳王者決定戦よりも重要視されている」と述べても過言ではない。

 下記に、過去10年の東京スポーツ杯2歳Sを勝った馬をまとめてみた。

JRA「新2歳G1」は東京スポーツ杯2歳S!?「13年連続」G1馬輩出中の最強出世レースに今年も超大物続々......の画像2

 上記を見れば、東京スポーツ杯2歳Sが2歳戦最大の「出世レース」であることは、誰の目にも明らかだ。いや、G3という括りで考えれば3歳戦や古馬戦も含めた「日本一の出世レース」と述べても言い過ぎではないはずだ。

 ちなみに、勝ち馬にG1勝ちのない2015年には後に天皇賞・春(G1)を勝つレインボーライン、2012年にはNHKマイルC(G1)の勝ち馬マイネルホウオウが出走しているのだから、近年は毎年G1馬を輩出していることになる。乱暴な言い方をすれば、ここを勝ちさえすれば将来は約束されたも同然というわけだ。

JRA「新2歳G1」は東京スポーツ杯2歳S!?「13年連続」G1馬輩出中の”最強出世レース”に今年も超大物続々……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由