NEW

JRA「3人落馬事故」症状深刻? 川田将雅、モレイラも落馬で「魔の開催」に

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「3人落馬事故」症状深刻? 川田将雅、モレイラも落馬で「魔の開催」にの画像1

 11日の京都6Rに出走していたアサケハーツ、ロッタラブ、エトワールドパリが落馬。騎乗していたのはそれぞれ幸英明騎手、川又賢治騎手、和田竜二騎手だった。

 レースの第4コーナーで和田騎手のエトワールドパリが、その前方で内側に斜行したメイショウワザシと接触し転倒。他の2頭も巻き込まれる形となってしまった。落馬直後は騎手3人がまったく動かず、落馬の内容も激しかったことから心配の声が殺到していたが……。

「川又騎手はその後も騎乗、目立った怪我はなくエリザベス女王杯でヴァフラームにも乗りましたね。問題は幸騎手と和田騎手です。

2人ともその後の騎乗は取りやめとなりました。幸騎手は右ひじ骨折の疑いがあり、和田騎手は胸や腰の骨折や肺挫傷の疑いとかなり重傷。容態が心配されますね。

今年は2人ともG1競走を勝利し、ともに60勝以上を上げるなど調子もよかっただけに、この落馬は本当に残念ですね。とりわけ落馬が多いイメージもない2人だけに衝撃も大きかったようです。しっかり治療して、また元気に騎乗してもらいたいものです」(競馬ライター)

 落馬の原因となったメイショウワザシの鞍上・秋山真一郎騎手は開催2日間の騎乗停止が言い渡された。メイショウワザシにはもともと気性難の不安があったようで、秋山騎手も同馬を御そうとする素振りが見受けられるが、脚が一杯になり内にささったことで、手応えよく伸びかけていた後ろのエトワールドパリと接触。結果、今回の事故が起きてしまった。不可抗力の側面が大きかったかもしれない。

JRA「3人落馬事故」症状深刻? 川田将雅、モレイラも落馬で「魔の開催」にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!