NEW

JRA戸崎圭太「福島で0勝」空き巣空振りで藤田菜七子に惨敗。「有名厩舎離散」の影響が徐々に……?

【この記事のキーワード】, ,
JRA戸崎圭太「福島で0勝」空き巣空振りで藤田菜七子に惨敗。「有名厩舎離散」の影響が徐々に......?の画像1

 11日の競馬開催、京都はまさに「外国人騎手祭」の様相で、1~11RをC,ルメール、C.デムーロ、J.モレイラの3人で分け合う状況に。最終Rで藤岡佑介騎手が一糸報いるのが精一杯だった。

 ある意味歴史的な出来事が起きた11日。外国人騎手全盛といえるこのご時世、こうなることを知ってか知らずか、11日、第3会場といえる福島に向かったリーディング上位騎手も少なくなかった。

 田辺裕信、三浦皇成、吉田隼人ら関東の上位騎手も11日は福島で騎乗。内田博幸騎手や大野拓弥騎手は東京開催に回った。

 そして、関東リーディング1位、102勝をあげる戸崎圭太騎手もまた、福島開催に見参。過去にはG1開催で常に「裏」に回り勝利を重ねて全国リーディングを保持し、物議を醸した戸崎騎手だが、ここまで明らかな「裏開催」登場はここ最近では珍しかった。

 当然ここで勝ち星量産、全国リーディングで上のルメール騎手、M.デムーロ騎手との差を少しでも縮めたいところだったのだが……。

「11日、戸崎騎手は0勝でした。11鞍騎乗して1番人気3回、2番人気3回、3番人気2回だったので、言い訳がきかない内容でしたね。2着になったレースでも2度のクビ差負けがあるなど、あと一歩足りないレースが続いている様子です。10日の武蔵野S(G3)では1人気のサンライズノヴァを見事に操り勝利するなど輝きを放っていたのですが……。

JRA戸崎圭太「福島で0勝」空き巣空振りで藤田菜七子に惨敗。「有名厩舎離散」の影響が徐々に……?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち