NEW

武豊を麒麟・川島明がコケに? モレイラ「斜行」無視で「美しい」騎乗絶賛にツッコミ多数

【この記事のキーワード】, , , ,
武豊を麒麟・川島明がコケに? モレイラ「斜行」無視で「美しい」騎乗絶賛にツッコミ多数の画像1

 11日のエリザベス女王杯(G1)で悲願のG1制覇を果たしたリスグラシュー(牝4 栗東・矢作芳人厩舎)。絶賛されているのは乾坤一擲の走りを見せた馬ももちろんだが、これまで「シルバーコレクター」に甘んじていたリスグラシューを見事に導いたJ.モレイラ騎手も同じである。

 矢作調教師も「ゲートの中だけ悪いので『そこだけ気をつけて、うまく出して』と言ったら、最高に出してくれた」「折り合いも完璧で、位置取りもよし。”なんであんなにうまいのか”」と感動を抑えきれない様子。まさに「雷神」の実力をまざまざと見せつける結果となった。ここまで主戦として騎乗しあと一歩届かなかった武豊騎手に対しては、批判と擁護の激論が交わされているようだが……。

 そんな中、『競馬BEAT』(KTV)でMCも務める麒麟・川島明が、このリスグラシューの勝利に言及し話題だ。

「川島さんは自身のTwitterで『◎リスグラシューがついに大輪の華を咲かせた。馬体重を増やし筋肉隆々で歩いていたパドック。今までが嘘のような美しいスタート。ペースに合わせて前めで上品に折り合った道中。これまでの惜敗を晴らすかのような女王の末脚。モレイラに導かれ少女が女王になるまでの物語をみてるようだった。』と感激のツイート。川島さんはこの日、リスグラシュー1頭軸の3連単マルチを購入しどんぴしゃりの的中。興奮してツイートしたようです」(競馬ライター)

 3連単が的中して興奮する気持ちは十分に理解できる。しかし、この発言について「ツッコミ」が多いのも事実だ。

武豊を麒麟・川島明がコケに? モレイラ「斜行」無視で「美しい」騎乗絶賛にツッコミ多数のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール