NEW

武豊新エージェント内定か……あの外国人騎手の新たな受け皿となるメリットデメリット

【この記事のキーワード】, ,
武豊新エージェント内定か......あの外国人騎手の新たな受け皿となるメリットデメリットの画像1

 騎乗依頼仲介者(以後、エージェント)として武豊騎手を支えてきた平林雅芳氏が、自身が担当するスポーツ紙内のコラムで「今年の最後の競馬、12月28日をもって武豊Jのエージェントを卒業します」と発表。JRA4000勝を節目として「若い人にバトンタッチの時期でありましょう」と、後進に譲ることを明かした。

 平林氏は2001年に武豊騎手とエージェント契約を締結。それ以降、2005年のディープインパクトでの3冠達成や2010年の落馬負傷後の長期スランプ、そして復活を印象づけたキズナでの日本ダービー制覇など、武豊騎手と二人三脚で栄光と挫折を経験してきた唯一無二の相棒といってもいい存在だった。

「武豊騎手の平林さんへの信頼は厚く、周囲からエージェントの変更をうながされた際も頑として首を縦に振らなかったそうです。ゼロ年代に苦楽をともにした平林さんが自分から離れるというのは、武豊騎手にとっても大きな転機となるはずです。来年以降の動向が注目されます」(競馬記者)

 すでに業界内では平林氏の後任に誰が選出されるのかが話題だ。多くの人物の名前が取り沙汰されていたが、ここに来てあの有力エージェントが”後継者”としてほぼ内定したといわれる。

「C.ルメール騎手と浜中俊騎手らを担当する豊沢信夫氏に白羽の矢が立ったみたいですね。リーディングジョッキーのルメール騎手には多くの依頼が舞い込んでいます。しかし当然ながら、それらすべてに騎乗できるわけではありません。

 これまで断る際に豊沢氏はルメール騎手の代打として浜中騎手を打診していましたが、ルメール騎手を指名してきた陣営からは色良い返事がもらえなかったそうです。今後は、そのルメール騎手の代打として武豊騎手の名前が上げられると見られています」(競馬記者)

武豊新エージェント内定か……あの外国人騎手の新たな受け皿となるメリットデメリットのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち