NEW

JRA池添謙一「どうぞ、どうぞ」に調教師激怒!?「肉食系」嫌われ”心機一転”関東滞在も「草食系」変身で消えた勝負強さ……

【この記事のキーワード】, ,
JRA池添謙一「どうぞ、どうぞ」に調教師激怒!?「肉食系」嫌われ心機一転関東滞在も「草食系」変身で消えた勝負強さ......の画像1

「勝つためには引かずに突っ張って欲しかった」

 11日に京都競馬場で行われたエリザベス女王杯(G1)。最大の上がり馬として注目されたレッドジェノヴァ(牝4歳、美浦・小島茂之厩舎)と池添謙一騎手は4番人気に支持されたものの、4着と馬券圏内を賑わすことはできなかった。

 4番人気で4着。決して悪い結果ではないが、陣営が求めていたものは当然「そこ」ではないだろう。

 あの「大舞台に強い池添」はどこへ行ってしまったのか……JRA重賞78勝の中、23勝がG1というここ一番での勝負強さが影を潜めてしまっている。

 この秋も秋華賞(G1)のサラキア(4番人気)で4着、菊花賞(G1)のブラストワンピース(1番人気)で4着、そして先週エリザベス女王杯のレッドジェノヴァでまたも4着。有力馬で上位に来ているものの、馬券圏内を騒がせてファンの期待に応えられていない分、騎乗ぶりもどこか冴えない。

 レッドジェノヴァを管理する小島茂之調教師も東京サラブレッドクラブの公式ホームページを通じて「厳しいことを言うようですが、1コーナーまでのポジション取りで3着馬を前に入れたあの場面、勝つためには引かずに突っ張って欲しかった」と主戦騎手に注文。信頼関係があるからこその厳しい指摘だが、やはり物足りなさを感じていたようだ。

JRA池添謙一「どうぞ、どうぞ」に調教師激怒!?「肉食系」嫌われ”心機一転”関東滞在も「草食系」変身で消えた勝負強さ……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  3. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  4. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA「伝説の新馬戦」候補に武豊の期待馬が出走! 話題のドゥラメンテ産駒やウマ娘オーナーも参戦…宝塚記念(G1)当日に「注目」のメンバーが激突