NEW

PACHINKO新台「究極の一発台」が再臨!! ヤバすぎる「一撃7000発」仕様で"熱狂の渦"再び......【GJ新台分析―パチンコ編―】

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『CR天下一閃 7000ver.』(Daiichi)

PACHINKO新台「究極の一発台」が再臨!! ヤバすぎる「一撃7000発」仕様で熱狂の渦再び......【GJ新台分析―パチンコ編―】の画像1
Daiichi HP」より

初当り出玉:約7020個(1755個×4)
賞球数:1 & 3 & 10 & 13 & 15
カウント:9カウント

 現行パチンコにおいて「一発台」を広く普及させた第一人者『天下一閃』。そのシリーズ最新作が、最高出玉を引っさげて復活を遂げる。今さら説明不要のマシンだが、改めて本シリーズの魅力に迫ってみたい。

 ゲーム性は「1個の玉をVゾーンへ入れるだけ」と非常にシンプル。

 まず筐体上部にある「IN」に向かって玉を打ち出し、そこで入賞すると玉は第一関門である「回転体役物」へと落ちていく。

「ハズレ穴」「クリア穴」で構成されている回転体。常に動き続けている「クリア穴」へタイミングよく入賞することができれば、本機一番の見どころ「クルーン」の登場だ。

 その中心には高速で回転する突起物(通称、ウニ)があり、玉はピンボールのように弾かれ予測不能の動きを展開する。すぐに「V入賞」することもあれば、1分~2分に亘って溜まっている事も珍しくはない。玉の動きに一喜一憂していたあの頃の興奮を再び味わうことができるのだ。

 最大出玉「一撃4500発」から大幅に進化を遂げた『天下一閃』。これまで以上に、手に汗握るクルーンを堪能することができそうである。
(文=編集部)

PACHINKO新台「究極の一発台」が再臨!! ヤバすぎる「一撃7000発」仕様で"熱狂の渦"再び......【GJ新台分析―パチンコ編―】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチンコ天下一閃新台の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!