NEW

JRA「第2」のオジュウチョウサン出現!? マイネル総帥・岡田繁幸氏「最高傑作」トラストが"天才ジャンパー"転身で最強馬に挑戦状!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「第2」のオジュウチョウサン出現!? マイネル総帥・岡田繁幸氏「最高傑作」トラストが天才ジャンパー転身で最強馬に挑戦状!の画像1
JBISサーチ公式サイトより

 マイネル軍団の総帥・岡田繁幸氏の「相馬眼」は確かだったということだろうか。

 17日、東京競馬場で秋陽ジャンプS(OP)が行われ、1番人気のトラスト(牡4歳、栗東・中村均厩舎)が4馬身差の圧勝。最後の直線で後続を引き離す見事な勝ちっぷりに、一部のファンからは早くも「第2のオジュウチョウサン」という声が上がり始めている。

「大物感があるし、可能性は計り知れない。この時期の2歳馬で、これだけの馬に乗ったことがない」

 2年前、地方馬として川崎競馬場でデビューしたトラストは、2戦目の若草特別で後続に約15馬身差をつける圧勝。騎乗していた南関東の名手・森泰斗騎手は溢れんばかりの大物感に最大限の賛辞を贈っていた。

 これまでコスモバルクやプレイアンドリアルなどの名馬を発掘し、中央競馬に挑戦し続けてきた岡田総帥は、早くからトラストを「最高傑作」と評価。デビュー前から翌年の英国ダービー(G1)に登録するほどの熱の入れようだった。

 トラストはその期待に応えるように、中央初挑戦となったクローバー賞(OP)こそ2着に敗れたものの、続く札幌2歳S(G3)で後続に2馬身差をつけて重賞初制覇。その強さを改めて実感した岡田総帥は、目標を英ダービーからマイネル軍団にとっての悲願となる日本ダービー(G1)に切り替えることを発表した。

 しかしその後、東京スポーツ杯2歳S(G3)で5着に敗れると、そこから馬券圏内にさえ入れない連敗劇......。日本ダービーを8着で終えたトラストは、その後適性を見定めるために様々なレースを使われたが、いずれも結果を残せず。今年の夏からは1600万下に降級していた。

 再起が誓われた自己条件でも二ケタ着順が続き、いよいよ「引退」の2文字が過ってきたトラスト。そんな中、活路を見出したのが障害転向だった。

JRA「第2」のオジュウチョウサン出現!? マイネル総帥・岡田繁幸氏「最高傑作」トラストが"天才ジャンパー"転身で最強馬に挑戦状!のページです。GJは、競馬、JRAオジュウチョウサントラストの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!