NEW

【京都2歳S(G3)展望】武豊「新相棒」ワールドプレミア登場! 無敗ミッキーブラックらと激突!!

【この記事のキーワード】, ,
【京都2歳S(G3)展望】武豊「新相棒」ワールドプレミア登場! 無敗ミッキーブラックらと激突!!の画像1

 24日(土)に京都競馬場で開催されるラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)。2歳戦の重賞では唯一の2000mのG3競走。中距離での活躍を目指す馬にとって、今後を左右する大事な試金石となるのは間違いない。今年も多くの素質あふれる馬が出走を予定している。

 ここで人気を集めると見られているのが、ワールドプレミア(栗東・友道康夫厩舎)だ。

 前走の新馬戦にはワールドプレミアをはじめ、2016年のセレクトセール1歳で1億4,500万円にて落札されたディープサドラーズ、ダービー3着アドミラブルの半妹エスポワール、重賞2勝・エリザベス女王杯2着馬のメイショウベルーガの息子メイショウテンゲンら素質十分の超豪華な顔ぶれが揃った。

 ゆるりとしたスタートのレースで、鞍上の武豊とワールドプレミアのコンビは後方からの競馬を選択。そして中盤から進出を開始し、最後の直線を迎えた。入ってすぐに武豊騎手が一発ムチを入れるとワールドプレミアはすばやく反応。ハナを奪っていたM.デムーロ騎乗のエスポワールを一気に交わして先頭に立ち、外から迫ってきたメイショウテンゲンをしのぎきり勝利。評判馬を倒して今後にはずみをつけた。

 レース後、武豊騎手は「道中も抜け出してからもフラフラしていた」と語り、「本気で走ったのは一瞬だけでした」と余力を残していたとレースを振り返っている。まだまだ底を見せていないのは確かだ。武豊騎手は同馬にまたがり、自身6度目の日本ダービー制覇を成し遂げることができるのだろうか。

 札幌2歳S(G3)で3着に終わったクラージュゲリエ(栗東・池江泰寿厩舎)。ここからの巻き返しを誓う。

 新馬戦ではJ.モレイラ騎手を背に、後にアルテミスS(G3)を勝つシェーングランツらを抑え、2着に2馬身差をつけて快勝。意気揚々と札幌2歳S(G3)へ向かった。だが、レースではデムーロ騎手が騎乗して1番人気に支持されたものの、最後の直線で先にしかけたニシノデイジー、ナイママを捉えることができず3着。まさかの敗退を喫しているが、上がり最速36.8秒の脚を披露するなど見せ場は作った。今回はモレイラ騎手に手綱を戻る予定。虎視眈々と2勝目を狙う。

【京都2歳S(G3)展望】武豊「新相棒」ワールドプレミア登場! 無敗ミッキーブラックらと激突!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!