NEW

JRAジャパンC(G1)「佐々木主浩パワー」でシュヴァルグラン連覇濃厚? アクシデント続きもCデム興奮

【この記事のキーワード】, ,
JRAジャパンC(G1)「佐々木主浩パワー」でシュヴァルグラン連覇濃厚? アクシデント続きもCデム興奮の画像1

 25日に東京競馬場で行われるジャパンカップ(GI・芝2400m)に出走予定のシュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)。同馬は先日、京都大賞典(G2)、ジャパンカップ(G1)、有馬記念(G1)の3戦をもって引退を表明。引退ロード2戦目での奮起が期待されている。

「シュヴァルグランは、年内でドバイターフ2着のヴィブロスとともにターフから去る予定です。シュヴァルグランは8億円以上を稼ぎ出した佐々木主浩オーナーにとって一番の孝行息子ですが、種牡馬として箔をつけるためにも、G1競走で勝利を収めて総賞金を10億台にしたいところでしょう。

佐々木氏も愛馬に最後のひと花を咲かせてもらいたいと気合が入っているはず。これまでも妻である榎本加奈子さんとともに所有馬が出走するレースを観戦し、勝利すると抱き合って喜びを分かち合う仲睦まじい姿が見られていましたが、今一度その瞬間を見たいですね」(競馬誌ライター)

 昨年のジャパンカップでシュヴァルグランはH.ボウマン騎手とのタッグを組み、先行するキタサンブラックを交わし、脚を伸ばしてきたレイデオロを寄せ付けずに優勝。続く有馬記念こそ3着と、勝ち馬キタサンブラックらの前に屈したものの、同馬が現役引退を発表していたこともあり、来年はシュヴァルグランが競馬界の主役になると考える人も多かった。

 しかし、そのシュヴァルグランが今年は苦戦。始動戦となる大阪杯(G1)で三浦皇成騎手を背に13着と惨敗。続く天皇賞・春では主戦のボウマン騎手とともに2着と意地を見せるも、先代の主戦騎手福永祐一騎手とともに迎えた秋初戦の京都大賞典(G2)では1番人気に支持されるも4着に終わっている。

JRAジャパンC(G1)「佐々木主浩パワー」でシュヴァルグラン連覇濃厚? アクシデント続きもCデム興奮のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール