NEW

JRAジャパンC(G1)「雪辱」スワーヴリチャードの可能性。"悪夢"の天皇賞・秋よりも東京2400mが「ベスト」といえる理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAジャパンC(G1)「雪辱」スワーヴリチャードの可能性。悪夢の天皇賞・秋よりも東京2400mが「ベスト」といえる理由の画像1

 雪辱へ正念場を迎えた。25日に東京競馬場で開催されるジャパンカップ(G1)だが、古馬の大将格スワーヴリチャード(牡4歳、栗東・庄野靖志厩舎)が、このような形で秋の大目標を迎えるとは誰に予測できただろうか。

 前走の天皇賞・秋(G1)は本馬、そして主戦のM.デムーロ騎手にとっても、まさに"悪夢"のようなレースだった。

 このレースを迎えるまでの東京実績は、重賞2勝を含む[2.1.1.0]。日本ダービー(G1)2着に、安田記念(G1)3着と最高の舞台だっただけに、スワーヴリチャードは単勝2.5倍の1番人気に支持された。

 しかし、スタートで出遅れ......いや、もともとゲートに不安のある馬だけに、出遅れ自体は特別大きなダメージではなかったのかもしれない。だが、その直後にデムーロ騎手が「本当に痛かった」と振り返るマカヒキとの接触。不利が重なり、致命的な出遅れとなってしまった。

「ここで、次に考えたのは、自分から動くレースをしたかった。しかし、外にずっとはられたことで何もできなくなってしまった」

『netkeiba.com』で連載している『ミルコの最速レース回顧』でそう語っている通り、デムーロ騎手は春の大阪杯(G1)のような早めの進出の競馬を試みたかったが、あの時は8枠15番からのスタート。今度は4枠5番という好枠が仇となって、インを通らざるを得ない状況に......そのまま同じく接触で出遅れたマカヒキに外から被せられると、動くに動けない。マカヒキの鞍上が名手・武豊だけに、馬群がばらけた最後の直線までシビアに締め付けられた格好だ。

JRAジャパンC(G1)「雪辱」スワーヴリチャードの可能性。"悪夢"の天皇賞・秋よりも東京2400mが「ベスト」といえる理由のページです。GJは、競馬、JRAジャパンCスワーヴリチャードの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!