NEW

JRAジャパンC(G1)アーモンドアイ「包囲網」完成!? ルメール時代の”裏”に隠された一般マスコミに公開されない「秘蔵」情報

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAジャパンC(G1)アーモンドアイ「包囲網」完成!? ルメール時代の裏に隠された一般マスコミに公開されない「秘蔵」情報の画像1

 25日、東京競馬場で行われるジャパンC(G1)に向け「3連単勝負馬券」の無料一般公開を敢行した『MASTERS』だが、前回の情報開示(前記事リンク)から想像を超える大反響を呼んでいる。

 今の競馬で馬券を的中させるためには、マスコミが発行する競馬新聞や、競馬ネットメディア、そして情報社から情報を得るなどの手段がある。そういった中、何故『MASTERS』が、これだけ多くの人々に支持されているのか――。

 それはこの「真のプロフェッショナルの集団」が、他の追随を許さない独自の情報網を展開しているからだ。

 今の競馬は「外厩時代」と呼ばれている。

 一昔前は放牧に出た休み明けの馬を調教師がしっかりと一から仕上げていた。だからトレセン内で厩舎だけを取材している一般的なマスコミでも、馬のだいたいの情報を掴むことができた。

 しかし、今は優れた外厩施設がほとんど馬を仕上げてから、帰厩させるケースが非常に目立っている。規定ギリギリのレース10日前になってようやくトレセンに帰厩し、あとは調教師が軽い調整をするだけで出走というパターンも珍しくない。それで結果が出てしまうからこそ「外厩時代」と呼ばれているわけだ。

 実際にこの秋は秋華賞、菊花賞、天皇賞・秋とC.ルメール騎手がJRAのG1を3連勝し、マスコミも「ルメール時代」と持ち上げた。たが、実は秋華賞のアーモンドアイ、菊花賞のフィエールマン、天皇賞・秋のレイデオロがいずれも「ノーザンファーム天栄」という外厩施設で調整されていたことは、あまり記載されていない。

 このノーザンファーム天栄にある坂路コースの傾斜は、美浦トレセンのそれを上回っており、どちらで馬を鍛えた方が有効なのかは「結果」が証明している。

 例えばMASTERSが「3連単勝負馬券」を無料で一般公開する今週のジャパンC(G1)で世間から本命視されているアーモンドアイは、関係者によるとおそらく「トレセンよりも天栄にいる時間の方が長い」というから驚きだ。まさに外厩時代の象徴的な存在といえるだろう。

 そこで困るのは古くからトレセンを取材するマスコミ関係者だ。外厩の重要性が年々高まっていることは承知しているが、すべての馬が東西いずれかのトレセンにいた時代とは違い、外厩は馬によって異なっている。とてもではないが、それらをカバーできる人員を用意することは不可能に近いのだ。

 その一方で、マスコミとは比較にならない情報網で、あらゆる外厩施設の情報をカバーできているのがMASTERSだ。

 以前から「馬主」「厩舎」「騎手」それぞれのセクションに大量のスペシャリストを配し、圧倒的な的中実績を積み上げていたMASTERSは、いち早く「外厩」の重要性に着目。我々一般の競馬ファンやマスコミが外厩時代と騒ぎ出す頃には、すでに比類なき情報網が出来上がっていた。

 簡単に述べるなら「時代の先の先」を見据えた”先見の明”が勝つのは一般社会に限らず、情報化が進む競馬もまた然りということだ。

JRAジャパンC(G1)アーモンドアイ「包囲網」完成!? ルメール時代の裏に隠された一般マスコミに公開されない「秘蔵」情報の画像2

 そうなれば全国の外厩施設から正確無比な的中情報を入手できるMASTERSと、トレセンに固執する一般的なマスコミとの差が比較にならないほど開いてしまうのは述べるまでもないだろう。根本的な「情報量」の質と量がまったく違うのだ。

 では圧倒的な「情報量」の差が生じると、どういったことが起きるのか。

 3日に京都で行われた3歳上500万下は三連複10万1020円、三連単なら58万3250円を記録する大波乱の結果となっている。波乱の主役は11番人気で3着に激走したベルエスメラルダ。MASTERSはその大穴を「本命視して的中させた」というから驚きだ。

 このベルエスメラルダは、昨年10月から7戦連続二ケタ着順。前走も8着と何の見せ場もなく惨敗していた。11番人気なのだから、それも当然である。

 しかし、MASTERSは以前から本馬が栗東の村山明厩舎に所属していることに注目していた。

 実は、この厩舎は「意図的に違う距離や条件を使って”刺激”を与えて、ベストの距離に戻して結果を出す」ことで、これまでも数々の波乱を演出している。代表的なところではG1級11勝を成し遂げたダート王コパノリッキーが、晩年にあえて距離の短いJBCスプリント(G1)に出走し、往年のスピードを取り戻したエピソードが有名だ。

 馬券圏内がすべてダート1400mというベルエスメラルダも、3走前にあえて1700mに出走して逃げの競馬を試みると2走前には芝1200m、前走では芝1000m。とにかくスピードを取り戻すことを重視。件のレースは満を持してのダート1400mだった。実は約1年前に7番人気で3着した際も、直前に芝1200mで逃げる競馬を試みている。

 つまり約1年惨敗続きの11番人気と、大多数のマスコミがほぼ”無視”を決め込む中、村山厩舎の傾向を知るMASTERSからすれば、ここが「勝負駆け」であることを完全に見抜いていたということだ。無論、これも厩舎から確かな情報を入手していた結果に他ならない。

 いよいよ発走が迫ってきたジャパンCも、1番人気濃厚なアーモンドアイを筆頭に「馬主」「厩舎」「騎手」それに「外厩」を加えた”情報の包囲網”がすでに出来上がっている。あとはMASTERSが今回特別に公開している「3連単勝負馬券」の無料情報をチェックして「結果」を待つのみだろう。

CLICK → 特別無料公開!「ジャパンC(G1)3連単勝負馬券」
※本稿はPR記事です。

JRAジャパンC(G1)アーモンドアイ「包囲網」完成!? ルメール時代の”裏”に隠された一般マスコミに公開されない「秘蔵」情報のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!