NEW

JRAジャパンC(G1)アーモンドアイの不安はルメール? 「勢い下落」も馬は順調そのもの

【この記事のキーワード】, ,
JRAジャパンC(G1)アーモンドアイの不安はルメール? 「勢い下落」も馬は順調そのものの画像1

 ジャパンカップに参戦する牝馬3冠を達成したアーモンドアイ。3歳牝馬で過去にこのレースを勝った馬は同じく牝馬3冠ジェンティルドンナのみ。アーモンドアイはジェンティルドンナと比較されることも多いが、このレースの結果次第で後の評価が大きく左右されることになるだろう。

 先代3冠牝馬超えるためにも負けられない1戦に向かうアーモンドアイは、南WCコースで2頭を前に置く形で1週前追い切り。C.ルメール騎手を背に乗せ、馬なりのままで1馬身先着。タイムは5F65.9-12.9秒を記録した。

 ルメール騎手は「東スポ」の取材に「以前のように手前をちょくちょく替えることなく、一度だけ替えてすぐに反応」と成長したことを明かし「トップコンディションに持っていけたらジャパンCでも大きな結果を出すことができる」と満足気だった。

「管理する国枝調教師も状態面は悪くなく、『精神面でも段々とメリハリが出てきた』と心身ともに充実していると話していました。秋華賞後にはで歩様が乱れたために心配の声も上がっていましたが、稽古を見る限り影響はなさそうです。万全の状態でレースに臨むことができそうですね」(競馬記者)

 史上2頭目の偉業達成にむけて準備は整いつつあるようだ。だが、その背に乗るルメール騎手の状態に対して不安視する声が一部から上がっている。

「ルメール騎手は4週連続G1競走制覇などを達成し、平場でも勝ち星を積み重ねて現時点で193勝。年間200勝の大台も見えており、まさに絶好調でした。

JRAジャパンC(G1)アーモンドアイの不安はルメール? 「勢い下落」も馬は順調そのもののページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール