NEW

JRAジャパンC(G1)「追い切り診断」アーモンドアイより強烈な「アノ馬」の動きに鈴木和幸熱視線

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAジャパンC(G1)「追い切り診断」アーモンドアイより強烈な「アノ馬」の動きに熱視線の画像1

 1番人気まで予想される3歳牝馬3冠のアーモンドアイ。3冠達成後は放牧似出て、11月8日に帰厩、11日から先週までに時計3本とすこぶる順調にきた。今週はもう強く追う必要はないとの判断から、6Fから流し加減で行き、直線もルメールが感触を確かめるように軽く仕掛けただけ。このため時計は、ウッド6F84秒0-39秒1でしかないが、先行相手を3馬身突き放したラスト1Fは12秒4の、美浦ウッドとしては破格の12秒4の速さ。きびきび感満点の動き、反応の素早さをふくめ、もはやレースを待つばかり。

 ウインテンダネスは、ウッド6F82秒5-38秒0-11秒8,併走で半馬身ほど遅れたが、目いっぱいに打ったわけではなく、動きも悪くなかった。体調に異変はなく、自身としては上々の仕上がり。ただ、この相手で前走からのプラスアルファがないとなると、単騎逃げがとれても苦戦は免れまい。

 ガンコは、坂路で53秒0-38秒6-12秒7を馬なり。大きな変わり身こそないが、元気はつらつ、仕上げに狂いはない。2連勝当時のデキに近づいたと判断してよかろう。

 前走の天皇賞(秋)で3着と、復活ののろしを上げたキセキ。以後の1ヶ月の間に長短時計7本と意欲むき出しに乗り込んできた。今週はウッドで単走、馬なりで6F84秒4-38秒5-11秒9の総仕上げ。これまでとの違いは自らハミをとり、鞍上がなだめるのに苦労するくらいの気合いが入ってきたこと。かといって引っ掛かっているわけではなく、これぞまさしく完全復調の証し。私には復調を通り越して、4歳秋の成長さえ見た気がする。

 すでに7歳となったサウンズオブアースだが、衰えはまったくなく、14日にはウッド6F797-36秒4-11秒7の猛時計を出している。今週も併せ馬で6F81秒0-37秒7-11秒9、このタフネスぶりには驚かされるが、気になったのは以前にもまして追われての反応に鈍さがあったこと。それでなくてもいまだ2勝と勝ち味に遅い馬、勝ち負けは望めまい。


 調教は動かないタイプのサトノクラウン。今週もウッド5F70秒4-40秒0-13秒1と平凡で、アピールできるものがなかった。レースになれば一変することもある昨年の宝塚記念馬ではあるが、ここ一連の成績が成績だけに道悪になったときの大穴の評価まで。

JRAジャパンC(G1)「追い切り診断」アーモンドアイより強烈な「アノ馬」の動きに鈴木和幸熱視線のページです。GJは、競馬、アーモンドアイジャパンC追い切りの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!