NEW

JRAジャパンC(G1)アーモンドアイ「不要」! 渾身の「現場情報」から「穴馬券」狙い!!

【この記事のキーワード】, ,

 今週は25日に東京競馬場で開催されるジャパンカップ(G1)で大勝負。「現場情報至上主義・ジェームスT」は、入手した渾身の「現場情報」で完全攻略を狙いたいと思う。

 やはり注目は3歳牝馬3冠を制したアーモンドアイだろう。実力は申し分なく稽古の動きも上々。「合格点の動き」「鞍上も満足した様子」「疲れもない」と、陣営も仕上がりに自信を覗かせている。

 鞍上は好調のC.ルメール騎手。さらには本レース2連覇中の「1枠1番」をゲットするなど、まさに”磐石”と感じてしまうが……。

 ここは「旨味ある配当」を掴むために「切り」と判断した。「有力ネタ」を持った勝負馬「4頭」が、アーモンドアイより先着する可能性に賭けたい。

 本命「◎」に選んだのは関係者ゴリ押しの5番ミッキースワロー(牡4、美浦・菊沢隆徳厩舎)だ。

JRAジャパンC(G1)アーモンドアイ「不要」! 渾身の「現場情報」から「穴馬券」狙い!!の画像1

 春の3歳クラシックには間に合わなかったが、セントライト記念(G2)で真価を発揮。アルアインを退ける大金星をあげた。今年の初戦となったAJCC(G2)では2着、大阪杯(G1)でも5着と好走。一線級とも互角に戦えることを証明している。

仕上がりに関しても「いい状態で出走ができる」と手応えを掴んでいる様子。「レース当日は更に上昇してくれそう」と、陣営は好走を確信しているようだ。気になるのは初の東京コースという点だが……。

「東京で使いたい気持ちはあったようだからね。『たまたま使ってこなかっただけ』と陣営はきっぱり。『左回りは問題ない』『むしろ直線の長いコースは合っている』『血統的に東京は力を出せる』と自信満々だ。

強いメンバーが揃ったけど『本当に楽しみ』と色気十分。あらゆる面に不安が感じられないココは一発あっても不思議ではない。オイシイ馬券をプレゼントしてくれるかもしれないよ」(競馬関係者)

JRAジャパンC(G1)アーモンドアイ「不要」! 渾身の「現場情報」から「穴馬券」狙い!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか