NEW

JRAジャパンC(G1)外国馬が「超順調」? サトノクラウンら美浦情報と合わせて紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAジャパンC(G1)外国馬が「超順調」? サトノクラウンら美浦情報と合わせて紹介の画像1

 25日、いよいよジャパンカップ(G1)が行われる。美浦からは3冠牝馬アーモンドアイが出走するが、他は2頭の牡馬のみと少し寂しい。美浦から届いた有力情報を元に、美浦所属の牡馬2頭、および外国馬2頭がどんな戦いを挑もうとしているのかを紹介する。

 一昨年の香港ヴァーズ(G1、芝2400メートル)と昨年の宝塚記念(G1、芝2200メートル)、G1を2つ勝っているのがサトノクラウン(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)。しかし昨年、天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)でキタサンブラックとデッドヒートを演じて以降、G1レースを4つ使ってすべて惨敗。すでに6歳、加齢による能力の衰えと見ることもできる。しばしば道悪専用機とも指摘される。

 しかし、いつ走るのかわからない意外性がこの馬の特徴なのかもしれない。4歳時、京都記念(G2、芝2200メートル)優勝後、3つのG1を使って惨敗。それでいながら香港ヴァーズでは世界的名馬ハイランドリールに勝った。ここ4走凡走続きだからここも凡走するとは限らない。

 美浦担当記者A氏によれば、陣営は「前走の宝塚記念は海外遠征の目に見えない疲れがあったのかもしれません。放牧からの帰厩後は至って順調。今週はしっかり追って態勢は整いました。能力的にはここに入っても見劣りませんよ」と自信を覗かせている。

 そして何よりも注目されるのが鞍上のW.ビュイック騎手。マイルCS(G1、芝1600メートル)では、騎乗技術の高さでステルヴィオを優勝に導いた。調教助手は「調教で跨ってもらったビュイック騎手も好感触でした。先週G1を勝って勢いがある。新しい一面を引き出してくれるのではないかと思っています」と期待が高い(同記者情報)。

 ステルヴィオと同様、新生サトノクラウンの走りが見られそうだ。

JRAジャパンC(G1)外国馬が「超順調」? サトノクラウンら美浦情報と合わせて紹介のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!