NEW

JRAジャパンC(G1)「1枠1番」アーモンドアイが大不安!? 2連勝中もジェンティルドンナの”悪夢”再来の予感

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAジャパンC(G1)「1枠1番」アーモンドアイが大不安!? 2連勝中もジェンティルドンナの悪夢再来の予感の画像1

 大本命が「最強枠」を引き当て、勝負は決したか――。25日、東京競馬場で開催されるジャパンカップ(G1)の枠順が発表され、牝馬三冠を達成したアーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)は、ここ2年連勝している「1枠1番」を引き当てた。

 客観的に見れば最高の枠だ。「1枠1番」は2017年のシュヴァルグラン、2016年のキタサンブラックが勝利。2015年にラブリーデイが3着、2014年にもジャスタウェイが2着と4年連続で3着以内を記録。同じ東京2400mの日本ダービー(G1)では同枠が猛威を奮っている歴史があるが、いつの間にかジャパンCもその傾向に倣っているようだ。

 これが人気に拍車を掛けたのか、24日朝現在のアーモンドアイは単勝1.4倍。競馬の最大手ポータルサイト『netkeiba.com』の事前予想だった1.8倍を、さらに大きく上回る人気となっている。

 この状況に思わず、昨年の流行語大賞「忖度」を思い浮かべたファンも多かったのかもしれない。しかし、当の陣営は諸手を挙げて万歳というわけでもないようだ。

「データ的には好枠に違いないんですが、アーモンドアイの場合は必ずしもそうだとは言えないようですね。国枝調教師も枠番を知った瞬間は、表情を曇らせていたそうですよ。

というのもアーモンドアイは、ここまでほとんど揉まれた経験がない馬。ただ、1枠1番だと、まともな競馬なら、どうしてもインを回らざるを得ませんし、相手は年上の牡馬ばかり。単純にこれだけの人気馬が内枠にいるだけでマークされるのは当然でしょうし、揉まれた場合のプレッシャーも同世代の牝馬とは比べ物にならないでしょうからね」(競馬記者)

 確かにアーモンドアイはここまで6戦しているが、その内5戦が「11番、12番、13番」のいずれか。3枠3番と唯一内枠だったシンザン記念(G3)では、スタートで大きく出遅れており、尽くプレッシャーを受け難い位置で競馬している。

 逆に述べれば、かつて無敗で牡馬三冠を成し遂げたディープインパクトのように、同世代では揉まれない外を回っても悠々勝ってしまうほど、能力が抜けているというわけだ。

JRAジャパンC(G1)「1枠1番」アーモンドアイが大不安!? 2連勝中もジェンティルドンナの”悪夢”再来の予感のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!