NEW

JRAジャパンC(G1)「1枠1番」アーモンドアイが大不安!? 2連勝中もジェンティルドンナの”悪夢”再来の予感

【この記事のキーワード】, , ,
JRAジャパンC(G1)「1枠1番」アーモンドアイが大不安!? 2連勝中もジェンティルドンナの悪夢再来の予感の画像1

 大本命が「最強枠」を引き当て、勝負は決したか――。25日、東京競馬場で開催されるジャパンカップ(G1)の枠順が発表され、牝馬三冠を達成したアーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)は、ここ2年連勝している「1枠1番」を引き当てた。

 客観的に見れば最高の枠だ。「1枠1番」は2017年のシュヴァルグラン、2016年のキタサンブラックが勝利。2015年にラブリーデイが3着、2014年にもジャスタウェイが2着と4年連続で3着以内を記録。同じ東京2400mの日本ダービー(G1)では同枠が猛威を奮っている歴史があるが、いつの間にかジャパンCもその傾向に倣っているようだ。

 これが人気に拍車を掛けたのか、24日朝現在のアーモンドアイは単勝1.4倍。競馬の最大手ポータルサイト『netkeiba.com』の事前予想だった1.8倍を、さらに大きく上回る人気となっている。

 この状況に思わず、昨年の流行語大賞「忖度」を思い浮かべたファンも多かったのかもしれない。しかし、当の陣営は諸手を挙げて万歳というわけでもないようだ。

「データ的には好枠に違いないんですが、アーモンドアイの場合は必ずしもそうだとは言えないようですね。国枝調教師も枠番を知った瞬間は、表情を曇らせていたそうですよ。

というのもアーモンドアイは、ここまでほとんど揉まれた経験がない馬。ただ、1枠1番だと、まともな競馬なら、どうしてもインを回らざるを得ませんし、相手は年上の牡馬ばかり。単純にこれだけの人気馬が内枠にいるだけでマークされるのは当然でしょうし、揉まれた場合のプレッシャーも同世代の牝馬とは比べ物にならないでしょうからね」(競馬記者)

 確かにアーモンドアイはここまで6戦しているが、その内5戦が「11番、12番、13番」のいずれか。3枠3番と唯一内枠だったシンザン記念(G3)では、スタートで大きく出遅れており、尽くプレッシャーを受け難い位置で競馬している。

 逆に述べれば、かつて無敗で牡馬三冠を成し遂げたディープインパクトのように、同世代では揉まれない外を回っても悠々勝ってしまうほど、能力が抜けているというわけだ。

JRAジャパンC(G1)「1枠1番」アーモンドアイが大不安!? 2連勝中もジェンティルドンナの”悪夢”再来の予感のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  4. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  5. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち
  6. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  7. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  8. JRAオークスでファンを悩ませる川田将雅とアートハウス、ルメールとスターズオンアースの乗り替わり。そして盲点となる意外な穴馬!
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」