NEW

JRAジャパンC「サイン」内村航平来場で「五郎丸伝説」再び!? 最強アーモンドアイ鉄板級も、あの「超大穴馬」が急浮上!

【この記事のキーワード】, , ,

JRAジャパンC「サイン」内村航平来場で「五郎丸伝説」再び!? 最強アーモンドアイ鉄板級も、あの「超大穴馬」が急浮上!の画像2

 実はこのアガシ氏、2015年には五郎丸選手と2人でジャパンCのプレゼンターを務めていた。これだけを見ても、今年の内村選手がサインに関連する可能性は高そうだ。

 だが、残念ながら体操選手には背番号がない。そこで注目するのは、やはりサイン的定番の誕生日か。内村選手は1989年の1月3日生まれ。1番アーモンドアイ‐3番サトノダイヤモンドの組み合わせは、実力的にも脅威だ。また”五郎丸パターン”を踏襲するのなら、8枠13番ノーブルマーズにも注目したい。

 現在単勝158.7倍の超大穴だが、ノーブルマーズを買いたくなるサインは他にもある。

 今年のジャパンCは出走予定だったマカヒキやミッキーロケットらが回避した影響もあって14頭立てと、やや寂しい頭数になった。ちなみにジャパンCが14頭立てで行われるのは1999年以来、19年ぶりとなる。

 ジャパンCが14頭立てだったのは1999年を含めて過去に4回(当日出走除外・取消などで頭数が減った場合を除く)。実はその内、3回で「8枠」が馬券圏内を確保している。今年の8枠は大穴のノーブルマーズと、同じくまったく人気がないウインテンダネス。どちらか1頭でも絡めば、配当が跳ね上がるだけに押さえておきたい。

 また、今週にはカルロス・ゴーン氏が、金融商品取引法違反容疑で逮捕されるという衝撃的なニュースがあった。

 ゴーン氏といえば日産自動車の前代表取締役会長。ここは「日産」にかけて2番ハッピーグリン、3番サトノダイヤモンドにも注目したいところ。単勝200倍を超える地方馬のハッピーグリンを買えるのは、競馬の常識に捕らわれないサイン馬券ならではといったところか。

JRAジャパンC「サイン」内村航平来場で「五郎丸伝説」再び!? 最強アーモンドアイ鉄板級も、あの「超大穴馬」が急浮上!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール