NEW

JRA「狂気の馬場」に恨み節!?アーモンドアイ「世界レコード圧勝」ジャパンC(G1)も関係者から”戸惑いの声”続々……

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「狂気の馬場」に恨み節!?アーモンドアイ「世界レコード圧勝」ジャパンC(G1)も関係者から戸惑いの声続々......の画像1

 驚愕の”スーパーレコード”に東京競馬場が揺れた。

 25日、東京競馬場で開催されたジャパンC(G1)は、1番人気のアーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)が優勝。単勝1.4倍という圧倒的な人気に応え、「最強」を高らかに宣言した。

 想像を絶するタイムにスタンドから大きなざわめきが起こった。それもそのはず……特設されたロンジンの掲示板に記された「2:20.6」は、従来の日本レコードを1.5秒も縮める驚愕のレコードだ。

 まさに現役最強、最強牝馬……これらを飛び越えた”史上最強馬”の出現か。主戦のC.ルメール騎手も「言葉がありません……すみません。特別な馬です」と思わず絶句。他を圧倒する異次元の走りに、東京競馬場はレース後も大歓声に包まれた。これには現地に詰めかけていた記者も興奮を隠せないようだ。

「凄い走り、そしてタイムでしたね。この日は特設掲示板でタイムが計測されていたこともあって、一瞬『見間違いかな?』と目を疑ってしまったほど(笑)。この時計は世界レコードだそうです。

レース後、国枝調教師が凱旋門賞(G1)を連覇している『エネイブルと一緒にレースをしてみたい』と、改めて来年の凱旋門賞挑戦を示唆していました。この勝利で今年の年度代表馬はほぼ間違いないでしょうし、アーモンドアイは現在G1・4つを含む5連勝中。世界の頂上決戦まで、連勝を貫いてほしいですね」(競馬記者)

 その一方、驚愕の世界レコードに戸惑いを隠せないのが、ジャパンCに招待された外国馬の競馬関係者だ。

JRA「狂気の馬場」に恨み節!?アーモンドアイ「世界レコード圧勝」ジャパンC(G1)も関係者から”戸惑いの声”続々……のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!