NEW

JRAチャンピオンズC(G1)「再戦」オメガパフュームがルヴァンスレーヴにリベンジ? ポテンシャル抜群も不安は......

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAチャンピオンズC(G1)「再戦」オメガパフュームがルヴァンスレーヴにリベンジ? ポテンシャル抜群も不安は......の画像1
オメガパフューム(JBISサーチ公式サイト

 12月2日、師走競馬のG1レース第1弾、チャンピオンズカップ(G1、ダート1800メートル)が開催される。マイルCS(G1)、ジャパンC(G1)と3歳馬がG1を連勝した。ここにも有力3歳馬が出走する。オメガパフューム(牡3歳、栗東・安田翔伍厩舎)を取り上げ、好走の可能性を検討する。

 1番人気が確実なのは前走の南部杯(Jpn1、ダート1600メートル)で古馬ダート王ゴールドドリーム(牡5歳)を破った3歳ダート王ルヴァンスレーヴ。しかし、オメガパフュームも好走を続けている。ジャパンダートダービー(Jpn1、ダート2000メートル)2着、シリウスS(G3、ダート2000メートル)1着、JBCクラシック(Jpn1、ダート1900メートル)2着。この3走を振り返ってみよう。

 大井のジャパンダートダービーでは5、6番手の好位を進んだが4角で少し下がってしまう。後ろにいたルヴァンスレーヴが前にいる馬たちをあっさりと交わしていく中、猛然と伸び返したが1馬身半届かなかった。阪神のシリウスSは出遅れ、後方からのレースとなったが3~4角で早目のまくり。4角では好位に取り付き、直線で抜け出して重賞初制覇となった。息の長い末脚が魅力だ。

 京都のJBCクラシックではこのチャンピオンズCでも有力馬となるサンライズソア(牡4歳)が逃げ、ケイティブレイブ(牡5歳)は中団に陣取る。オメガパフュームは後方10番手あたりからの追走。ケイティブレイブが4角手前で素早く好位に上がり、直線よく伸びて優勝。オメガパフュームは外を差してケイティブレイブより早い上がりを使ったが2着。3/4馬身届かなかった。サンライズソアがよく粘って3着。

 オメガパフュームはG1で十分に通用する底力を見せてきた。ただし、着実に差してくる脚はあるが最後の爆発力に欠けるようにも見える。とはいえ、今年1月にデビューした3歳馬。今が伸び盛りと言っていい。1週前追い切りの際、安田翔伍調教師は「中間は馬体がふっくらした。使って変化を見せたのは今回が初めてです」とコメント。末脚がより強力に磨かれている可能性はある。

 不安を挙げるとすれば、1つはジャパンダートダービーで見せた4角前後でのもたつきだろうか。外に膨れ気味でもあった。安田調教師は「前走(JBCクラシック)はペースが上がった勝負どころで少し離されたけど、いい経験になったはず」と語っている。これはジャパンダートダービーでも見られた。各馬が一斉に仕掛け始めると、一瞬遅れを取るがそこから伸び始める。

JRAチャンピオンズC(G1)「再戦」オメガパフュームがルヴァンスレーヴにリベンジ? ポテンシャル抜群も不安は......のページです。GJは、競馬、JRAオメガパフュームチャンピオンズC競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!