NEW

JRA支配者の「戒め」に日本人騎手戦々恐々!?「ジョッキーはああいう風に乗らないと」ノーザンファーム代表の言葉の重み

【この記事のキーワード】, ,
JRA支配者の「戒め」に日本人騎手戦々恐々!?「ジョッキーはああいう風に乗らないと」ノーザンファーム代表の言葉の重みの画像1

 25日に行われたジャパンC(G1)は、C.ルメール騎乗の1番人気アーモンドアイが優勝。ルメール騎手は単勝1.4倍の人気に応えた。

 時代の風は大きく、このフランス人騎手に吹いている。ルメール騎手はこれで桜花賞、オークス、安田記念、秋華賞、菊花賞、天皇賞・秋、JBCスプリント、ジャパンCを勝利。自らの記録更新となる年間G1・8勝目を上げ、再び1強状態をアピールしている。

 しかし、その上を行く”独裁政権”を誇っているのが、今や日本競馬の支配者といえるノーザンファームだ。今回のアーモンドアイの勝利で、年間G1勝利は自らの記録を更新する12勝。ちなみにこれまでの記録11勝を達成したのが昨年であることが、今のノーザンファームの充実ぶりを物語っている。

「ルメール騎手は完璧でした。ジョッキーはああいう風に乗らないといけないですよ」

 ジャパンC後にそうコメントしたのはノーザンファームの代表・吉田勝己氏だ。本来なら、勝ち馬の生産者がルメール騎手を称賛した”喜びの声”に過ぎないが、この2年間でG1を23勝している「支配者」の代表の声だけに、関係者にとってその言葉は重い。まるでルメール騎手以外の騎手たちへの”戒め”のようにさえ聞こえる。

「吉田代表の言葉で、特に戦々恐々としているのは日本人騎手でしょうね。ルメール騎手にM.デムーロ騎手、そして短期免許で来日する腕利きの外国人騎手に勝たれまくっているのは、ノーザンファームが外国人騎手を重宝しているところが大きい。実際に今年のG1・12勝の内、日本人騎手で勝ったのは天皇賞・春、日本ダービー、宝塚記念のみ。他はすべて外国人騎手の手によってもたらされています。今の時代、騎手として活躍するには、如何にノーザンファームの期待に応えて、生産馬に騎乗できるかですよ」(競馬記者)

 ちなみに今年ノーザンファーム生産馬でG1を勝った日本人騎手は、天皇賞・春の岩田康誠騎手(レインボーライン)、日本ダービーの福永祐一騎手(ワグネリアン)、宝塚記念の和田竜二騎手(ミッキーロケット)の3名。

 しかし、彼らの騎乗馬はいずれも1番人気ではなく、それ以上に人気を集めていた外国人騎乗のノーザンファーム生産馬がいたことが、今の日本人騎手の苦しい立場を表しているともいえるだろう。

 今やノーザンファームは日本人騎手よりも外国人騎手、そして外国人騎手の中でもルメール騎手がファーストチョイスとなっている。

JRA支配者の「戒め」に日本人騎手戦々恐々!?「ジョッキーはああいう風に乗らないと」ノーザンファーム代表の言葉の重みのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか