Business Journal > GJ > 競馬 > 支配者の「戒め」  > 2ページ目
NEW

JRA支配者の「戒め」に日本人騎手戦々恐々!?「ジョッキーはああいう風に乗らないと」ノーザンファーム代表の言葉の重み

【この記事のキーワード】

, ,

JRA支配者の「戒め」に日本人騎手戦々恐々!?「ジョッキーはああいう風に乗らないと」ノーザンファーム代表の言葉の重みの画像2

 すでに昨年に並ぶ199勝を上げて武豊騎手が持つ年間212勝の記録も完全に視野に入り、年間最多賞金も新記録達成がほぼ確実なルメール騎手の大躍進を支えているのが、同じく大躍進を続けるノーザンファームというわけだ。

 そして12月2日に行われるチャンピオンズC(G1)でルメール騎手が騎乗するゴールドドリーム(28日昼に回避が発表)もまた、やはりノーザンファーム生産馬であり、オーナーは奇しくも先週このフランス人騎手を”模範”に挙げた吉田勝己氏だ。

 ノーザンファーム、そして吉田氏がルメール騎手を重宝するのは、述べるまでもなく名前がカタカナの外国人騎手だからではなく「勝てる」からだ。

 果たして今ノリにノッテいるルメール騎手は、日本競馬を支配するオーナーと生産者の期待に応えることができるだろうか。先週アーモンドアイを導いたような完璧な騎乗でゴールドドリームが勝つようなら、オーナーからどんな「お褒めの言葉」が飛び出すのかも注目だ。

JRA支配者の「戒め」に日本人騎手戦々恐々!?「ジョッキーはああいう風に乗らないと」ノーザンファーム代表の言葉の重みのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!