NEW

JRA障害最強オジュウチョウサンは確定?JRA「有馬記念ファン投票中間発表」もやはり上位出走少ない?

【この記事のキーワード】, ,
JRA障害最強オジュウチョウサンは確定?JRA「有馬記念ファン投票中間発表」もやはり上位出走少ない?の画像1

 12月23日(日)に中山競馬場で行われる有馬記念(G1・芝2500m)。1年を締めくくる大一番は、ファン投票上位の順に優先出走権が与えられる「グランプリ」レース。だが、近年はファン投票上位の馬が出走辞退することも多くなっており、今年もその傾向が如実に現れている。

 今回は11月29日に発表された第2回中間発表を元に、有馬記念に出走する可能性のある馬を検討してみよう。

現段階では、

【1位】レイデオロ
【2位】アーモンドアイ
【3位】オジュウチョウサン
【4位】スワーヴリチャード
【5位】サトノダイヤモンド
【6位】ワグネリアン
【7位】キセキ
【8位】ミッキーロケット
【9位】エポカドーロ
【10位】シュヴァルグラン

 が、上位10頭だ。そのうち、レイデオロ、オジュウチョウサン、サトノダイヤモンド、ミッキーロケット、シュヴァルグランが出走を視野に入れているという。その一方、最強女王アーモンドアイ、ダービー馬ワグネリアン、皐月賞馬エポカドーロは年内休養を発表済み。そしてスワーヴリチャード、キセキらの動向は未定となっている。

「1位レイデオロと2位アーモンドアイの得票差は約1200票。アーモンドアイは以前から有馬記念に向かわないと言われていましたが、もし出走を明言していれば、今年の1位はアーモンドアイだったでしょうね。それだけに回避は残念です。

 その2頭に続くのが、夏に平地に再転向した障害最強馬オジュウチョウサン。早くから長山尚義オーナーの陣頭指揮のもと、有馬記念出走を目標にしてきましたからね。こちらはほぼ確定と見て間違いないでしょう。ミッキーロケットは右トモの筋肉痛で前走を回避しているので、出走するかは五分五分。その他の上位選出馬は順調に行けばこのまま向かうでしょう」(競馬記者)

 昨年は、上位10頭のうち出走したのは4頭。今年も上位選出馬は昨年と同じくらいの頭数になりそうだ。

JRA障害最強オジュウチョウサンは確定?JRA「有馬記念ファン投票中間発表」もやはり上位出走少ない?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」