NEW

JRA「レイデオロ弟」レイエンダ初重賞制覇の可能性。天下のノーザンファーム「温存」の真意

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「レイデオロ弟」レイエンダ初重賞制覇の可能性。天下のノーザンファーム「温存」の真意の画像1

 12月1日、阪神競馬場で行われるチャレンジC(芝2000m)。昨年から施行条件が芝1800mから芝2000mに変更されて行われている。例年歴戦の古馬やレース名通り「チャレンジャー」の3、4歳馬が出走し興味深いメンバーになることが多いが、今年はセントライト記念2着のレイエンダ(牡3、美浦・藤沢和雄)が登録している。

 レイエンダは父キングカメハメハ、母ラドラーダ、その父シンボリクリスエス。1歳上の全兄に同厩舎で17年日本ダービー、18年天皇賞・秋を制し現役最強古馬との呼び声も高いレイデオロがいる良血だ。

 レイエンダは2歳夏に芝1800mでルメール騎手を背にデビュー。全兄が日本ダービーを制した2ヶ月後ということもあり1.2倍の断然人気を背負っていた。レースはやや遅れ気味のスタートで最後方からの追走となったが、直線では上がり34.5の脚を使い余裕を持って差し切った。上がり34.5は2位に0.7秒差をつけての1位という数字だ。

 かなりのパフォーマンスに全兄弟でのダービー連覇も期待されていたが、その後骨折が判明。復帰したのは10ヶ月後だった。

 復帰戦の夏木立賞(芝2000m)ではスプリングS4着のバールドバイ、前走でアイトーンの2着だったドミナートゥスなど好メンバー。10ヶ月ぶりのレースでありながら単勝2.1倍の1番人気に推されていたが、後方から上がり33.6で差し切り連勝。次走の松前特別も断然人気に応え無傷の3連勝となった。

 その後陣営はセントライト記念(G2、中山芝2200m)を選択。皐月賞3着のジェレラーレウーノ、NHKマイルC2着のギベオンなどいる中ここでも1.9倍の断然人気に支持されていた。レースは中団でレースを進め、4コーナーでは外を回るも前との差は大きく、2番手から粘り込んだジェレラーレウーノを捉えきれず2着。無敗の戦歴に傷はついたが、直線しっかり伸びており力は見せていた。

JRA「レイデオロ弟」レイエンダ初重賞制覇の可能性。天下のノーザンファーム「温存」の真意のページです。GJは、競馬、JRAチャレンジカップレイエンダレイデオロの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!