NEW

JRAチャンピオンズC(G1)「完成」ケイティブレイブの制覇可能性は……ルヴァンスレーヴ相手でも期待できる?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAチャンピオンズC(G1)「完成」ケイティブレイブの制覇可能性は......ルヴァンスレーヴ相手でも期待できる?の画像1

 12月2日、中京競馬場でチャンピオンズC(G1、ダート1800メートル)が行われる。有力馬の1頭ケイティブレイブ(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)はJpn1を3勝している実績馬だ。しかし、今回は強力な3歳のライバルがいる。逆転優勝まであるのか探ってみる。

 ライバルとは、3歳ダート王ルヴァンスレーヴ。ルヴァンスレーヴは10月の南部杯(Jpn1、ダート1600メートル)で、ケイティブレイブが何度となく敗れているゴールドドリームにあっさりと勝った。これではルヴァンスレーヴに太刀打ちできない、と見るのが順当なところ。

 ただし、ルヴァンスレーヴこそいなかったが、前走のJBCクラシック(Jpn1、ダート1900メートル)では、過去最高のパフォーマンスを演じて勝利した。これまで逃げあるいは2、3番手の競馬が多かったが、テイエムジンソク(牡6歳)やサンライズソア(牡4歳)といった逃げ、先行馬がいるためどんなレースをするのか注目されていた。先行争いに巻き込まれればつぶれてしまうという不安もあり、1番人気になるものと思われていたが屈辱の3番人気。

 福永騎手のイメージ通りではなかったかもしれないが7、8番手に位置取るとぴたりと折り合った。3角~4角にかけて徐々にポジションを上げ、直線では前にいるサンライズソアなどを鋭く差し切り、後ろから伸びてきたオメガパフューム(牡3歳)の追撃も振り切った。このレースができれば、行きたい馬がいれば勝手に行かせればいい、いなければ自分で先行すればいい。展開を自分で作れ、相手の動きも見られる。

 昨年春から福永騎手が騎乗することになり、レースを教え込んできた。それが実ったのがJBCクラシック制覇だ。レース後、福永騎手は「思ったより前が速くて置かれる形でしたが、あのような形でもGIを勝っていたので心配していませんでした」「ルヴァンスレーヴやゴールドドリームなどチャンピオンホースがいますが、それらに立ち向かうためにも今日は頑張りたいと思っていました」と、2強に挑戦状を叩きつけている。

 昨年までのケイティブレイブは帝王賞(Jpn1、ダート2000メートル)でG1を勝ったものの交流重賞しか勝てない、本当に強い相手がいると勝てないというイメージだった。しかし、JBCクラシックでは京都コースでG1を勝った。後は本当に強い馬に勝てるかどうかだ。

JRAチャンピオンズC(G1)「完成」ケイティブレイブの制覇可能性は……ルヴァンスレーヴ相手でも期待できる?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!