NEW

JRAチャンピオンズC(G1)「外国馬」パヴェル陣営に自信!? 「勝つために来た」日本の"勝ち方"を知る調教師が用意した秘策とは

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAチャンピオンズC(G1)「外国馬」パヴェル陣営に自信!? 「勝つために来た」日本の勝ち方を知る調教師が用意した秘策とはの画像1

 2日に中京競馬場で開催される今年のチャンピオンズC(G1)には、3年ぶりに外国馬が出走する。米国のパヴェル(牡4歳、米・L.モラ厩舎)だ。

 2000年に前身となるジャパンCダート(G1)が創設されてから、今年で第19回を迎えるチャンピオンズCの歴史は「外国馬」の敗戦の歴史でもある。

 距離が現行の1800mに短縮された2008年以降、外国馬が馬券に絡んだことは一度もない。それどころか過去19回の中で、外国馬が勝利したのは2003年のフリートストリートダンサーただ1頭だ。

 しかし、そのフリートストリートダンサーに「深く関わっていた」と話すのが、パヴェルのモラ調教師だ。

 それもそのはず。フリートストリートダンサーを手掛けたD.オニール調教師とモラ調教師は、いわゆる師弟関係。現在は「2人で1つの厩舎を運営しているようなもの」という間柄だ。実際にパヴェルも前走まではオニール厩舎の管理馬だった。

 つまりモラ師は、数少ない「日本ダートの勝ち方を知る外国人調教師」というわけだ。

 さらにモラ調教師はフリートストリートダンサーを通じてだけでなく、2005年に同じオニール厩舎の管理馬として挑戦したラヴァマンが遠征した際は、調教師代行として来日。結果は11着の大敗に終わったが、蹄の削り方に問題があったようだ。

JRAチャンピオンズC(G1)「外国馬」パヴェル陣営に自信!? 「勝つために来た」日本の"勝ち方"を知る調教師が用意した秘策とはのページです。GJは、競馬、JRAチャンピオンズカップパヴェル外国馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!