NEW

JRAチャンピオンズC(G1)ルヴァンスレーヴに「超強力」サイン!? 「紅」高畑充希来場でアノ有力馬に激走の気配?

【この記事のキーワード】, , ,
JRAチャンピオンズC(G1)ルヴァンスレーヴに「超強力」サイン!? 「紅」高畑充希来場でアノ有力馬に激走の気配?の画像1

 2日に中京競馬場で開催される今年のチャンピオンズC(G1)は、昨年王者のゴールドドリームの回避はあったもののダートの頂上決戦に相応しいメンバーが集った。

 ルヴァンスレーヴこそ抜けた1番人気に支持されているが、以下は混戦。レース当日朝現在も、5番人気までが単勝10倍を切る大混戦の様相を呈している。ちょっとした紛れが思わぬ高配当を生むかもしれない。

 その上でまず注目したいのが、チャンピオンズCのテレビCMだ。

 内容は先週のジャパンC(G1)とまったく同じ。いわゆる”使い回し”で本来ならサイン的な強さはないが、タイトルが「おんなじ!」だけに注目せざるを得ない。先週と同じなのだから、何かあるとすればここだろう。

 CMの内容は、父や母の父が同じ馬が出走しているという血統について。今週のチャンピオンズCの出走馬の中で、父が同じ馬を探してみると1組だけいる。父シンボリクリスエスのルヴァンスレーヴとサンライズソアだ。どちらも上位人気だけに十分にあり得るサインといえるだろう。

 さらに、単純にジャパンCと同じ結果になるというパターンも考えられる。

 先週は1番アーモンドアイが勝利し、2着が8番キセキ、3着11番スワーヴリチャードという結果だった。これに当てはめると1番アンジュデジール、8番ケイティブレイブ、11番オメガパフューム。こちらも十分に考慮に値する組み合わせだ。特に1番アンジュデジールは先週の1番アーモンドアイと同じくただ1頭の牝馬。いわゆる紅一点なので、より注意が必要だろう。

「紅」といえば、今年はNTTドコモのCMでX JAPANの代表曲『紅』が上手過ぎると話題を集めた高畑充希がチャンピオンズCのプレゼンターを務める。

JRAチャンピオンズC(G1)ルヴァンスレーヴに「超強力」サイン!? 「紅」高畑充希来場でアノ有力馬に激走の気配?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  3. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  4. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  5. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  6. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  7. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  8. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  9. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  10. JRAダノン軍団に「クラシックの呪縛」再び!? 日本ダービー(G1)ダノンベルーガ“秀逸”追い切りでよぎる「レコードV」骨折の悪夢