NEW

JRA横山典弘騎手、今年最後の「ポツン」に大ブーイング!? 開幕週逃げ馬ロードヴァンドール「最後方追走」から最下位ゴールに悲鳴

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA横山典弘騎手、今年最後の「ポツン」に大ブーイング!? 開幕週逃げ馬ロードヴァンドール「最後方追走」から最下位ゴールに悲鳴の画像1

 これが今年の"見納め"となるのだろうか。

 1日に阪神競馬場で行われたチャレンジC(G3)は、2番人気のエアウィンザーが最後の直線で後続を3馬身突き放して重賞初制覇。秋華賞馬エアメサイアの仔で、マイル戦線で活躍するエアスピネルの全弟でもある良血馬が4連勝と、完全に波に乗った印象だ。

 そんな勝ち馬の陰でレース後、猛烈なバッシングを浴びたのが、最下位に敗れた横山典弘騎手とロードヴァンドールだった。

 舞台は開幕週の阪神競馬場。デビューから21戦で3番手以下からの競馬をしたことがない「典型的な逃げ馬」ロードヴァンドールにとっても、絶好のシチュエーションだった。陣営も「少し距離が短いかも」とコメントしながら、ここに照準を合わせたのは前が止まりにくい開幕週の馬場を求めたからに違いないだろう。

 しかし、スタートでやや後手を踏んだロードヴァンドールと横山典騎手はあろうことか最後方へ......道中も特に大きく動くこともなく終始後方を進むと、そのまま最下位でゴールした。

「来春、大きいところに使いたい」と話していた陣営にとっては、悪夢のような始動戦。だが、それはロードヴァンドールに期待して馬券を買ったファンも同様だ。レース後にはネット上のSNSや掲示板を通じて「何故、逃げない?」「納得できない」など、筆舌に尽くし難いコメントが殺到した。

「ファンの間でも、たびたび話題になっている横山典騎手の『ポツン』が出てしまったようですね......。

馬を大事にする横山典騎手は、自分でダメと判断した際は、ほとんど抵抗することなくレースを終えることもしばしば見られます。それが後々の好結果を生んだり、天才的な騎乗に繋がったりするときもあるんですが、目の前のレースの馬券を買っているファンからすれば『今、頑張ってくれ』と思うのは当然。『ポツン』は、今や横山典騎手の代名詞になっていますね」(競馬記者)

JRA横山典弘騎手、今年最後の「ポツン」に大ブーイング!? 開幕週逃げ馬ロードヴァンドール「最後方追走」から最下位ゴールに悲鳴のページです。GJは、競馬、JRAポツン横山典弘の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!