NEW

JRAチャンピオンズC(G1)藤岡佑介騎手「神ワープ」に絶賛の嵐! 道中「ポツン」から作戦通り”異次元”の末脚で波乱演出

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAチャンピオンズC(G1)藤岡佑介騎手「神ワープ」に絶賛の嵐! 道中「ポツン」から作戦通り異次元の末脚で波乱演出の画像1

 2日に中京競馬場で行われたチャンピオンズC(G1)は、1番人気のルヴァンスレーヴが快勝。鞍上のM.デムーロ騎手にとって、惜しい善戦が続いていたこの秋の鬱憤を晴らすような見事なG1勝利だったが、それ以上にファンから称賛を集めたのがウェスタールンド藤岡佑介騎手の好騎乗だった。

 15頭立てのダート1800mのレース。率直に述べて、前半のウェスタールンドの見せ場はほとんどない。8番人気の伏兵が隊列から5馬身ほどポツンと離れた最後方……末脚自慢の追い込み馬とはいえ、とても何かをやってくれそうな雰囲気ではなかった。

 そんな流れが大きく変わったのが、勝負所の4コーナーだった。

「直線は最内を突こうと決めていました」という藤岡佑騎手の言葉通り、末脚に懸けるノンコノユメやアポロケンタッキーなど各馬が外に持ち出される中、最後方だったウェスタールンドは”インベタ”を徹底。距離のロスを最小限に抑えると、馬群との差を一気に詰めた。

「こんなに上手く行くか……と思うくらい前があいたんです」

 まるで”ワープ”してきたかのようだった。各馬が外から追い上げを試みる一方、最内から一瞬にして先頭集団の直後に取りついたウェスタールンド。そこから脚を伸ばすと、最後は抜け出したルヴァンスレーヴには及ばなかったものの、サンライズソアをクビ差捉えて2着に食い込んだ。

 この結果にネット上の多くのファンが「素晴らしい判断!」「これは神騎乗」「騎手の力で獲った2着」など藤岡佑騎手を絶賛。8番人気の伏兵だっただけに「今回は藤岡にやられた」と白旗を揚げるファンも多かったようだ。

JRAチャンピオンズC(G1)藤岡佑介騎手「神ワープ」に絶賛の嵐! 道中「ポツン」から作戦通り”異次元”の末脚で波乱演出のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!