NEW

パチスロ「6号機」適合率"最多更新"に光明...... スロット市場の「キーマン」が早くも登場?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「6号機」適合率最多更新に光明...... スロット市場の「キーマン」が早くも登場?の画像1


 出玉規制「新規則」に対応したパチスロ6号機に光明が見え始めた。

 今月3日、試験機関・保安通信協会(通称、保通協)は11月中に実施した「型式試験」を公表。パチンコは73型式のうち、適合が39型式、不適合が34型式、適合率は約53%とまずまずの結果を残した。

 一方、パチスロ6号機は86型式のうち20型式が適合。適合率は約23%と相変わらず低迷が続いているが、適合数は2ヶ月連続の"過去最多"を更新した。

 規則改正直後、適合率は10%台が相次ぎ苦戦を強いられてきた6号機。それだけに、今回の記録更新は大変喜ばしい結果といえる。

「依然としてパチスロ6号機の導入は少なく、今のところ『HEY!鏡』『チェインクロニクル』『戦コレ』『スーパーリノ』『ゲッターロボ』(一部地域限定)の5機種のみ。今月には純増5.7枚の『ロード オブ ヴァーミリオン Re:』がリリース予定ですが、それでも物足りなさを感じてしまいます。まあ、6号機から出玉試験の内容は大幅に修正され、業界関係者からは『適合させるだけでも相当厳しい』との声も多いですからね。

 ただ、純増スピードや一撃性の高いスペックは市場に必要不可欠。限界を攻めたハイスペック機を投入しようとする『表れ』かもしれません」(記者)

 ここ数ヶ月間で適合率は上昇したものの、ホールへの供給数は今なお少ない。だが、この状況をむしろ前向きに捉える関係者は一定数いるようだ。

パチスロ「6号機」適合率"最多更新"に光明...... スロット市場の「キーマン」が早くも登場?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、6号機パチスロ蒼天の拳の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!