NEW

JRA勢サングレーザー香港C(G1)で初制覇? モレイラ補正&舞台文句なし、"同胞"大活躍も好影響?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA勢サングレーザー香港C(G1)で初制覇? モレイラ補正&舞台文句なし、同胞大活躍も好影響?の画像1

 12月9日、香港のシャティン競馬場で香港C(G1、芝2000メートル)が行われる。日本からは3頭の参戦となるが大将格がサングレーザー(牡4歳、栗東・浅見秀一厩舎)。日本では1番人気が予想されるが、現地でもかなり売れそうだ。優勝できるのかどうか、検討してみよう。

 ブックメーカー各社のオッズでは、地元の強豪馬であるワーザー(セ7歳、香J.ムーア厩舎)とタイムワープ(セ5歳、香A.クルーズ厩舎)を抑えてサングレーザーが1番人気(2.5倍程度)になっている。しかも、2番人気もディアドラ(牝4歳、栗東・橋田満厩舎)。世界のギャンブルを動かすブックメーカーの目がサングレーザーの実力を認めたということだ。

 今年は4月のマイラーズC(G2、芝1600メートル)を勝利すると、当然のように安田記念(G1、芝1600メートル)に向かった。しかし、3番人気に支持されたが5着と結果を出せなかった。陣営は、馬が完成してきたということもあり、ダメならダメで仕方ないと腹をくくり2000メートルへのチャレンジを試みる。

 それがマカヒキやモズカッチャンなどの強敵が集まった札幌記念(G2、芝2000メートル)。直線で前が開かずに福永騎手が苦労したが、進路を見つけると抜け出してきたマカヒキを差し切った。これで距離に問題がないことを証明。オーナーであるG1レーシングの吉田正志代表は「これだけ強い馬を相手に勝ちましたからね。当然、天皇賞・秋も考えています」と語り、目標は2000メートルでのG1獲りに設定された。

 天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)、鞍上にはJ.モレイラ騎手がいた。鞍上川田騎手のキセキが前半スロー、後半からピッチを上げる絶妙の逃げを打ったが、レイデオロが1馬身1/4差をつけて差し切った。道中レイデオロの直後にいたサングレーザーも脚をよく伸ばすもレイデオロには完敗。しかし、キセキをハナ差とらえて2着だった。レース後、モレイラ騎手は勝ったレイデオロが強かったことを認めた上で「距離は問題ないです」とコメント。札幌記念に続き、再び2000メートルの距離適性を実証した。

 こうして海外、香港でのG1初制覇に挑むことになった。問題はまずは馬場適性。シャティン競馬場の馬場はバミューダグラスがメインで日本の高速馬場よりタイムはかかるが、洋芝でタイムのかかる札幌記念を勝っているので問題はないはず。もちろんコースも初となる。小回りで4つのコーナーを回るが、これも札幌記念で経験済み。距離や芝、コースに不安点はない上、鞍上はモレイラ騎手。シャティン競馬場の雷神だ。

JRA勢サングレーザー香港C(G1)で初制覇? モレイラ補正&舞台文句なし、"同胞"大活躍も好影響?のページです。GJは、競馬、JRAサングレーザー香港Cの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!