NEW

武豊は「すでに否定」藤田菜七子騎手「減量改革」やっかみ増えるは間違いか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊は「すでに否定」藤田菜七子騎手「減量改革」やっかみ増えるは間違いかの画像1

 JRAの藤田菜七子騎手が、新たに制定された女性騎手の減量特典で、またしてもやっかみの対象となっていると「週刊新潮」(新潮社)が報じた。

 菜七子騎手は、2日の中山第4Rで6番人気のヴィエナブローで今年27勝目をあげた。これで菜七子騎手はJRA通算47勝、さらにJRA認定の地方交流レースであげている4勝を加えると51勝となる。そのため、12月8日以降の負担重量は、これまでの「-2kg」から「-1kg」での騎乗となる。

 だが、JRAは来年3月から女性騎手の減量特典を緩和する新ルールを制定。女性騎手は0~30勝(-4kg)、31~50勝(-3kg)、51~100勝(-3kg)、101勝以上(-2kg)、6年目以上(-2kg)が負担重量となる。つまり、菜七子騎手は来年の3月からは再び「-3kg」の斤量での出走となると予想される。

 このルール改正は女性騎手に向けてのものだが、現状JRAでは女性騎手は菜七子騎手のみ。その菜七子騎手が斤量の恩恵を受けられなくなるタイミングでの制定ということもあり、発表当初は"菜七子ルール"とも呼称するメディアもあった。

 だが、これにいち早く反応したのは騎手クラブ会長を務める武豊騎手だった。自身のサイトの日記で『一部報道で『菜七子ルール』という表現があることには違和感があります』とキッパリ断言。「この新規定の考え方を騎手会側から要望したのは藤田菜七子騎手がデビューする前のことで、彼女の人気にあやかったわけではないのです」と経緯を説明し、今後も騎手を目指す女性の増加が考えられるとして「そうした流れを世界基準で支える意味であることを強調しておきたい」と、菜七子騎手だけではなく、今後の競馬界を見据えてのルール改正であることを明かしている。

武豊は「すでに否定」藤田菜七子騎手「減量改革」やっかみ増えるは間違いかのページです。GJは、競馬、女性騎手武豊藤田菜七子の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!