NEW

阪神JFは「天国と地獄」? JRAクラシックも活躍したウオッカ、アパパネ、ブエナビスタ。一発屋で終わったタムロチェリー、レッドリヴェール、ショウナンパントル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神JFは「天国と地獄」? JRAクラシックも活躍したウオッカ、アパパネ、ブエナビスタ。一発屋で終わったタムロチェリー、レッドリヴェール、ショウナンパントルの画像1

 毎年12月は2歳GIレースの季節でもある。昨年からGIに昇格したホープフルステークスを含め、阪神ジュベナイルフィリーズ、朝日杯フューチュリティステークスと3つのGIレースがJRAで行われる。さらに川崎競馬場で行われる全日本2歳優駿を含めれば4つのビッグレースが勢ぞろいだ。

 来年の大一番であるクラシックを目指す若駒達が主役だが、必ずしもこれらの2歳GIを勝った馬がクラシックで活躍するわけではない。今年の牝馬三冠馬アーモンドアイは阪神JFにもホープフルSにも出走しなかったし、日本ダービー馬ワグネリアンも同じだ。

 もちろんメジロドーベルやアパパネブエナビスタのように、このレースを勝ってクラシックで活躍した馬も多い。また、逆にここで見事な勝利を見せるも、3歳になってから一度も勝てない馬、大敗続きの馬などまさかの衰えを見せる馬も少なくない。今回は過去の阪神JF優勝馬から、その後の活躍馬と衰退馬を振り返る。

 アーモンドアイ、ジェンティルドンナ、スティルインラブは桜花賞、オークス、秋華賞を制した牝馬三冠馬だ。しかし彼女らは阪神JFを勝利していない。それどころか出走もしていない。ある意味3歳時のために力を温存していたとも言える。一方で阪神JFを勝利し、しかも牝馬三冠を成し遂げた馬がいる、それがアパパネだ。2歳時から活躍し、3歳に入ってもその強さを維持し続け、古馬になってもヴィクトリアマイルを制したアパパネは見事。歴史的名牝の一頭といって間違いないだろう。

 他にも阪神JF優勝馬で活躍した馬は多い。有馬記念やジャパンカップで好走したヒシアマゾン、メジロドーベルはオークスと秋華賞を勝ち、古馬になってもエリザベス女王杯連覇を達成した。さらにウオッカは牝馬ながら日本ダービーに勝利し、天皇賞(秋)やジャパンカップ、安田記念などを勝利した女傑。ブエナビスタも桜花賞とオークスの二冠馬であり、天皇賞(秋)やジャパンカップなどを勝利している。

 だが逆に、阪神JF優勝後に成績を落とし、引退まで未勝利だった馬も多い。過去の優勝馬を見るとその数に驚くほどだ。

阪神JFは「天国と地獄」? JRAクラシックも活躍したウオッカ、アパパネ、ブエナビスタ。一発屋で終わったタムロチェリー、レッドリヴェール、ショウナンパントルのページです。GJは、競馬、ウオッカブエナビスタ阪神ジュベナイルフィリーズの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!