NEW

【中日新聞杯(G3)展望】JRA「絶好調」3歳世代が今週も活躍? 実力拮抗のハンデ重賞!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【中日新聞杯(G3)展望】JRA「絶好調」3歳世代が今週も活躍? 実力拮抗のハンデ重賞!の画像1

 先々週のジャパンカップ(G1)でのアーモンドアイに引き続き、先週のチャンピオンカップ(G1)でもルヴァンスレーブが古馬相手に完勝するなど、今年は3歳勢が目覚ましい活躍を見せている。そんな中、今週の中京競馬場で開催される中日新聞杯(G3)にも今後が楽しみな3歳馬の出走がありそう。古馬との初対戦となるがしっかりと結果を残して、来年へいい形で向かうことができるか注目だ。

 前走が案外だったギベオン(牡3、栗東・藤原厩舎)だが、初重賞制覇へのチャンスとなりそうだ。期待されて臨んだ秋初戦のセントライト記念(G2)では13着とまさかの大惨敗。レースでは1枠1番から4番手の好位置を確保し、インコースをロスなく立ち回る完璧なものであったが、直線の入り口付近で様子が一変。騎手の追い出しにも反応が悪く、押し寄せる後続馬に次々と抜き去られてしまった。

 しかし、ここまでの実績を見れば3歳世代の有力馬であるだけに、改めて見直したい。2連勝での出走となった毎日杯(G3)ではこの馬らしい好位からの競馬を展開。結果は2馬身差での2着と、ブラストワンピースに完敗となってしまったが、後に日本ダービー(G1)を4着、菊花賞(G1)でも5着、古馬との初対戦となった新潟記念(G3)を完勝した実力馬。悲観するものではないはずだ。3歳マイル王者決定戦のNHKマイルC(G1)では初めてのマイル戦で、好位で折り合う器用さを見せる。直線では馬群の間をじりじりと伸びて先頭に立つが、ゴール寸前で大外から差し切られクビ差での2着。惜しくもG1タイトルは逃したが、この結果からも世代トップクラスの実力を持っていることは間違いないはずだ。今回の距離短縮は前走がパッタリと脚が止まったように見えただけに好材料、左回りのレースへの不安もなく、重賞制覇へ向けてどのようなレースを見せてくれるか楽しみだ。

 もう1頭の3歳馬であるグレイル(牡3、栗東・野中厩舎)も有力な存在となるだろう。2歳時に2連勝で京都2歳S(G3)を制しており実績は十分。今年に入ってからは凡走が続いていたが2走前のセントライト記念(G2)では後方一気の末脚でアガリ最速をマークしての3着と、久しぶりに好走してみせた。前走の菊花賞(G1)は10着と大きく負けたが、アガリの早い競馬での後方の位置取りが影響したもので、力を出し切っての敗北とは考えにくい。大幅な距離短縮での出走となるが、中距離は得意としている舞台だけに前走以上の結果が期待できそう。

【中日新聞杯(G3)展望】JRA「絶好調」3歳世代が今週も活躍? 実力拮抗のハンデ重賞!の画像2

 しかし、若干の不安要素もある。東京競馬場での出走となった共同通信杯(G3)と日本ダービー(G1)でいいところなく惨敗していることから、左回りが苦手な可能性を否定できない。まだ左回りのレースは2回しか経験していないため杞憂に終わるかもしれないが、今後に向けても注意してみたいポイントとなりそうだ。

【中日新聞杯(G3)展望】JRA「絶好調」3歳世代が今週も活躍? 実力拮抗のハンデ重賞!のページです。GJは、競馬、JRAギベオングレイル中日新聞杯の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!