NEW

新垣結衣「魅力消滅」綾瀬はるかに完敗......『獣になれない私たち』惨敗は「アイドル扱い」と「成長なし」のせい?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新垣結衣「魅力消滅」綾瀬はるかに演技で完敗......『獣になれない私たち』惨敗は「アイドル扱い」と「成長なし」のせい?の画像1

 女優の新垣結衣が、危機を迎えている。

 5日に放送された『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の第9話。平均視聴率は7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で前週から2.8%のダウンとなった。

 今回は、新垣と松田龍平がついに「ベッドシーン」を迎える衝撃回で、ネット上でも話題になったが、結局数字には結びつかなかった様子だ。もともと「面白くない」「鬱々としていて暗い」と評価は芳しくなかったが、それが完全に数字に出てしまっている様子。

「ベッドシーンとはいっても『ベッドシーン風ってだけ』『まったく色気がなかった』『肌隠しすぎ』と露出があまりにも少ないと物足りない意見が多かったですね。『30にもなって清純派アイドルみたいな扱い』と、そもそも売り方への指摘もあります。演技も一本調子という声が多く、陰鬱なドラマ内容の上に重みもないという最悪の状況ですね」(記者)

「脚本が悪い」という評価が大半ではあるものの、新垣の抑揚のない演技に新鮮味がなくなっている、という声も少なくはない。

 このままでは新垣の「黒歴史」にもなりかねない『けもなれ』。ここ数年一人勝ち状態だった新垣の「神通力」がなくなったのはなぜか。

新垣結衣「魅力消滅」綾瀬はるかに完敗......『獣になれない私たち』惨敗は「アイドル扱い」と「成長なし」のせい?のページです。GJは、エンタメ、新垣結衣演技獣になれない私たち綾瀬はるかの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!