NEW

有馬記念(G1)スワーヴリチャード回避「詰まったローテ」理由に「どこが?」の声……世界レコード反動も?

【この記事のキーワード】, ,
有馬記念(G1)スワーヴリチャード回避「詰まったローテ」理由に「どこが?」の声......世界レコード反動も?の画像1

 12月23日の有馬記念(G1)に出走を予定していたスワーヴリチャード(牡4 栗東・庄野靖志厩舎)が、同レースを回避することが「競馬ブック」の報道で明らかになった。

 同馬は今年の大阪杯を優勝しG1初制覇。その後は安田記念3着、天皇賞・秋10着、ジャパンC3着と古馬大将格の1頭として存在感を放っていた。「ブック」によれば「詰まったローテーションを考慮」とのことだ。今後は来年2月の中山記念(G2)→ドバイ遠征を視野に入れるという。

 秋の天皇賞では1人気に推されたが、スタートで出遅れ、さらに隣のマカヒキとぶつかるアクシデントでいきなり躓き惨敗。ジャパンCでは勝ち馬アーモンドアイが世界レコードの走りで2着キセキとの激戦を制する姿を、3馬身半離れて見る3着。とはいえ、スワーヴリチャードもまた2:21.5と従来のレコードを上回る走りをしていただけに、その反動があったとしても不思議ではないだろう。

 ただ、やはり「詰まったローテーション」という回避理由には、納得がいかない声も多いようだ。

「あくまでも『秋2戦目』ですからね。『詰まってないだろ』『ゆとりあるじゃないか』という声は出てしまいますね。スワーヴリチャードは春も金鯱賞から3週後の大阪杯、そこから2カ月空けての安田記念でしたから、”この馬にとっては”、1カ月おきで3戦目となる有馬記念出走は詰まっている、ということになるのかもしれません。

そうはいってもファン投票4位ですし、出走の期待は大きかったので残念です。そもそもキタサンブラックやエピファネイア、ブエナビスタ、ジェンティルドンナなど、近年でも秋古馬王道G1を3連戦した強豪は数多く、そうではなくても『秋の3戦』は多すぎるという認識はありません。

ちなみに、ジャパンCでアーモンドアイと僅差だったキセキは有馬記念出走を表明しており、これで4戦目。もしスワーヴリチャードの回避が『反動の部分もあるのであれば、キセキの状態も心配ですね」(競馬誌ライター)

 近年は外厩施設の充実もあって、出走回数を絞る場合も増えている。しかし、今年の有馬記念はただでさえ有力3歳馬が多数回避を表明している状況。古馬のトップクラスであるスワーヴリチャードにはいてほしかった……。

有馬記念(G1)スワーヴリチャード回避「詰まったローテ」理由に「どこが?」の声……世界レコード反動も?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  5. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  9. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?