NEW

阪神JF(G1)栗東関係者イチオシはアノ良血馬? ダノンファンタジーよりも……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神JF(G1)栗東関係者イチオシはアノ良血馬? ダノンファンタジーよりも......の画像1

 今週末に開催される第70回阪神ジュベナイルフィリーズ(G1・芝1600m)。来年のクラシックを目指す素質あふれる若駒たちが集結して覇を競う。この1戦を制するべく、栗東の各陣営は日夜、出走馬の馬体調整に余念がない。そんな慌ただしい日々を送る『栗東』の関係者たちより届けられた【有力情報】の中からピックアップした、注目すべき出走馬をご紹介しよう。

 名牝として名を馳せたウオッカの5番仔タニノミッション(中竹和也厩舎)は、母と同じ抽選突破からの2歳女王を狙う。

 新馬戦は好位で競馬を展開し、最後の直線で上がり最速となる33.4秒の末脚を披露して、2着に2馬身差をつけて勝利。ウオッカ産駒として初のデビュー戦勝利を飾った。

「タニノミッションは馬体重も470~80kg。ウオッカの産駒の多くを管理している角居勝彦調教師は、かつてコラムで『ウオッカの子はなぜだか馬体が大きくなる傾向にある』と綴っていましたが、ようやくちょうどいいサイズの仔が出ましたね。父馬をスプリントで活躍したInvincible Spiritに変えたのが、奏功したのかもしれません。

 また兄や姉たちは集中力に欠けるところがありましたが、タニノミッションは真面目すぎるくらいです。その辺りは母譲りですね。爆発力も秘めていますし、好走が期待できそうです」(栗東担当記者・X)

 タニノミッション以前にウオッカ産駒は4頭もJRAデビューを飾っている。だが、かけられた期待は大きかったものの、いずれもそれに応えたとはいえない。

 ウオッカ産駒として初となるG1競走制覇をタニノミッションは達成することができるのだろうか?

阪神JF(G1)栗東関係者イチオシはアノ良血馬? ダノンファンタジーよりも……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!