Business Journal >  > 競馬 > 阪神JF「4点」勝負!  > 2ページ目
NEW

JRA阪神JF(G1)ダノンファンタジーから波乱決着も!「極秘ネタ」の「4点」で「穴馬券」をゲット!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そのうえで「その点を改善させる調整をしてきた」と自信を覗かせている。「非常に順調」と語っているように、本来の走りを見せられる可能性は高い。ココでの巻き返しも期待できる。

「万全の仕上がりだね。『終始いい手応え』『弾んでいて力の出せる状態』と陣営のトーンは高い。相手は強くなるけど『デビューから2戦はともに違う脚質で勝ったように力はある』『チャンスをものにして欲しい』と重賞取りに意欲満々だ。人気は落ちるだろうし、狙う価値は十分にあるよ」(競馬関係者)

「▲」にはアルテミスSで2着と好走したビーチサンバ(牝2、栗東・友道康夫厩舎)を指名した。

 新馬戦は中団から力強く差し切って勝利。キャリア1戦で挑んだアルテミスSはシェーングランツの前に敗北を喫したが、その差はわずか1/2馬身と十分に評価できる。地力の高さは示したと言えるだろう。

 鞍上を務める福永祐一騎手が、阪神ジュベナイルフィリーズで歴代最多の3勝をあげている点も心強い。調整も順調。上位争いに食い込む可能性は十分にある。

「前走と同様の調教を施したようだね。そのうえで陣営は『前回よりも楽に動けている』『状態は今回の方が上』『非常にいい雰囲気』とコメント。仕上がりの良さをアピールしている。

前走の敗北に関してもネガティブには捉えていない。むしろ『1番強い競馬をしていた』と語っているように手応えを掴んだようだ。阪神マイルは新馬で経験済み。その点も自信に繋がっているようで『このアドバンテージを活かせれば面白い』と勝負気配は高い。押さえておいた方がいいだろうね」(競馬関係者)

「△」は無傷の3連勝でタイトルを狙うクロノジェネシス(牝2歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

 牡馬を相手に2戦2勝と完璧な実績を持つ本馬。新馬戦は好位から鮮やかに突き抜けて、2馬身差の快勝をおさめた。前走のアイビーS(OP)も後続に2馬身差をつける圧勝。上がり最速をマークする完璧な走りは、来年のクラシックを強く意識させるもの。ココでも主役級の存在だ。

「あらゆる面が優れている優等生だよね。陣営も『とにかくセンスが良い』と大絶賛している。『完成度は高い。良馬場の決め手勝負ならチャンスは十分』と勝ち気マンマンだ。

仕上がりも上々。放牧で気持ちをリセットできたようで『帰厩後も落ち着きを保っている』『申し分のないデキ』と満面の笑み。好走が期待できるココは馬券圏内が濃厚だ」(競馬関係者)

JRA阪神JF(G1)ダノンファンタジーから波乱決着も!「極秘ネタ」の「4点」で「穴馬券」をゲット!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!