NEW

JRA中日新聞杯「高配当の使者」!? 関係者情報が見出した狙い目とは

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA中日新聞杯「高配当の使者」!? 関係者情報が見出した最強買い目!?の画像1

 毎週G1レースが続く。しかし土曜にも重賞レースはある。8日には中日新聞杯(G3、芝2000メートル)が行われる。関係者情報を精査しながら予想する。

「◎」はマイスタイル(牡4歳、栗東・昆貢厩舎)。弥生賞(G2、芝2000メートル)2着、日本ダービー(G1、芝2400メートル)4着という実績がある。しばらく低迷気味だったが前走の福島記念(G3、芝2000メートル)は2着に好走。逃げ、先行が武器だ。入手した情報からは激走を期待できそうだ。

「スタッフは『今週はわざわざ勝春が乗りに来たけど楽な感じで坂路を上がった。前回とは軽さが違うね。何より今回はマルターズアポジーがいないし、展開面での恩恵は大きそう』と好走条件がズラリ。単騎逃げが打てるメンバー構成で干載一遇のチャンスです」(競馬関係者)

 人気の一角ではあるが1番人気にはならないだろう。人気馬が崩れてくれれば高配当になる。

「○」はエンジニア(牡5歳、美浦・牧光二厩舎)。今年の7月、同コースの1600万特別で4番手から2分0秒7というタイムで押し切った。確実に先行できるのが魅力。この中日新聞杯も比較的先行有利のレースだ。

「『今は凄くデキがいいし、行きっぷりも良くなっている。追い切りの感触は良かったですし、うまく運べればチャンスはあるはずです』とスタッフは密かに上位進出を狙っています」(競馬関係者)

 ここは1枠1番、今回も4、5番手の絶好位を取れそうだ。オープン入り後、重賞を2回走ったが大きく負けていない。マイスタイルが粘ればこの馬も浮上する。

「▲」はギベオン(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)。春は毎日杯(G3、芝1800メートル)とNHKマイルC(G1、芝1600メートル)で2着と健闘。高い素質を持つ。しかし、前走中山のセントライト記念(G2、2200メートル)で惨敗。阪神や東京といった広いコースが合うのだろうか。

JRA中日新聞杯「高配当の使者」!? 関係者情報が見出した最強買い目!?の画像2

「『前走でコーナーを4回走る競馬にも慣れたと思います。左回りも歓迎なので結果を出したいですね。放牧後もコンスタントに調教を積んでいい仕上がりです』と陣営は見直しが必要とアピールしていました」(競馬関係者)

JRA中日新聞杯「高配当の使者」!? 関係者情報が見出した狙い目とはのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!