NEW

JRA朝日杯FS(G1)「地味でも互角?」ケイデンスコールで高配当!? 不安は”現在の”新潟2歳S組?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA朝日杯FS(G1)「地味でも互角?」ケイデンスコールで高配当!? 不安は現在の新潟2歳S組?の画像1

 12月16日、阪神競馬場で2歳マイル王を決める朝日杯FS(G1、芝1600メートル)が行われ、2戦2勝の牝馬グランアレグリアの1番人気が予想される。スーパーガールに戦いを挑む牡馬陣の1頭がケイデンスコール(牡2歳、栗東・安田隆行厩舎)。どんな走りができるのか検討する。

 ケイデンスコールは3戦目となった夏の新潟2歳S(G3、芝1600メートル)を制して重賞を初制覇した。スタートは悪くなく、すんなりと折り合う。経験の浅い馬が集う2歳重賞、かかり気味の馬たちを先に行かせて、11頭立ての8番手を追走。鞍上の石橋騎手は徐々に外に持ち出し、直線では大外からスパート。ゴール前でアンブロークンとスティルネスをきっちりと差し切った。

 2着(アンブロークン)、3着(スティルネス)とはクビ+ハナ差。接戦ではあったが、先頭に抜け出したとき石橋騎手はすでに手綱を抑えていた。計算通りの差し切りであり、着差以上に強かった。大外に持ち出したのも自信の表れだったろう。

 朝日杯FSで2番人気になりそうなのが3戦3勝のアドマイヤマーズ。ケイデンスコールは中京の新馬戦(芝1600メートル)で同馬と対戦した。直線ではアドマイヤマーズと一騎打ちの叩き合いとなりハナ差負けた。ケイデンスコールの性能はアドマイヤマーズと同等と言っていい。2戦目の未勝利戦(芝1600メートル)を楽勝して、3戦目の新潟2歳Sをきっちりと勝ったのは順当な結果だ。

 新潟2歳Sがそうであったように、スタートはすんなり出る、かからないので道中はリズム良く中団後ろ目を追走、直線では鋭い末脚を繰り出す。これがこの馬のレースパターンであり、セールスポイントだ。実際に3戦すべて上がり3Fは最速、33秒1~33秒7の脚を使っている。

 ケイデンスコールとアドマイヤマーズは新馬戦後、それぞれ順調に成長してきた。今回、約半年振りの再戦となる。朝日杯FSとコースも距離も同じ阪神JF(G1)はレースが流れ、先行馬がつぶれて1着から4着までを後方からの馬が独占した。朝日杯FSも緩い流れにはならないだろう。ケイデンスコールが先行馬であるアドマイヤマーズに先着できる可能性は低くない。

JRA朝日杯FS(G1)「地味でも互角?」ケイデンスコールで高配当!? 不安は”現在の”新潟2歳S組?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!