NEW

JRA和田竜二「ミッキーロケットクビ」に藤田伸二氏憤り……落馬事故から復帰もベスト状態では……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA和田竜二「ミッキーロケットクビ」に藤田伸二氏憤り......落馬事故から復帰もベスト状態では......の画像1

 暮れの祭典・有馬記念(G1)。今年はレイデオロ、サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、マカヒキなど多数のG1馬が参戦し、さらに最強ハードラーオジュウチョウサンの挑戦などもあり、例年になく注目を集めている。

 平成最後の有馬記念には競馬ファンならずとも熱視線が送られているが、そのレースに出走を予定している有力馬の1頭が鞍上問題で揺れている。今年の宝塚記念を制したミッキーロケット(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。鞍上は約2年も主戦を務めている和田竜二騎手ではなく、O.マーフィー騎手が務める予定だという。

 現代競馬において乗り替わりは常だ。だが、この乗り替わりに対して、元JRA騎手の藤田伸二氏のツイートが波紋を呼んでいる。藤田氏は自身のTwitterで和田騎手復帰の一報を聞き、連絡を取ったところ、『身体は大丈夫です!』と返ってきたものの『有馬記念のミッキーはクビやって…』と言われたといい、『残念なニュースや』と綴っていた。

「この”クビ”という表現にファンの方たちも過剰反応。有馬記念後のコンビ継続すらも危ういのではないかと話題になりました。ミッキーロケットは宝塚記念で悲願のG1初制覇を達成。和田騎手は17年ぶりのJRA・G1優勝を手にし、レース後には感極まって男泣きしています。その姿に感動を覚えた者も多かったはず。だからこそ、このチェンジには寂しさにも似た感情を抱く人も少なくないのでしょう。

ただ和田騎手は11月11日に複数の馬が絡み合う落馬事故に巻き込まれ、肋骨を4本折るなど重症をおいました。そしてミッキーロケットの陣営は、和田騎手が落馬した翌週に有馬記念への出走を示唆しているんです。あのタイミングでは、和田騎手がどれくらいの期間で復帰するのかはわかりませんからね。主戦騎手が乗れないという想定の元、今回の有馬記念では代打を立てたということなのではないでしょうか」(競馬記者)

JRA和田竜二「ミッキーロケットクビ」に藤田伸二氏憤り……落馬事故から復帰もベスト状態では……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!