NEW

井口資仁「ドロ沼不倫→離婚→再婚」ネットでお相手「特定」間際か、人格者キャラは野球でだけ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
井口資仁「ドロ沼不倫→離婚→再婚」がやばい? 「人格者」キャラは野球でだけの驚愕裏の顔?の画像1

 今シーズンから千葉ロッテマリーンズの監督を務める井口資仁監督の「ドロ沼不倫→離婚→再婚劇」が報じられ、大きな話題となっている。

 詳細は第一報を報じた「週刊文春」(文藝春秋)をご覧いただきたいが、井口はすでに3年前に前妻と離婚し、今年10月に18歳年下の女性と極秘に再婚していたようだ。

 プロ入り前から交際していた妻と入籍して約20年。突然の報道に衝撃の声が後を絶たない。

「プロ入り前からその甘いマスクと爽やかな雰囲気で女性人気が高かった井口さんだけに、この報道に『そんな人だとは』『クズだったんだ』とショックを受ける人も多いですね。

とりわけ衝撃的なのが『昨年の引退試合でも、離婚の事実が公にならぬよう、前妻を呼び家族のように振る舞わせる偽装を行った』という点。『これはえぐい』『イメージ最悪』と拒否反応を示す声も多数ですよ」(記者)

 メジャー4年間でも494安打、44本塁打、205打点と活躍した大物。それでいて後輩たちからも「野球人として、人間として尊敬をしている」という声がやまない”人格者”として知られる井口。それだけに、今回の報道はやはり衝撃的である。

「『文春』には再婚した女性の写真もモザイクつきで出回っており、すでにネット上では『相手特定か』の声も出ています。初期報道より大きな騒動になる予感も」

 過去の報道では 『実るほど頭を垂れる稲穂かな』を座右の銘にしていたという井口。成功している時こそ、謙虚に生きていきなさいという戒めの句だが、あくまで「野球のみ」ということだったのだろうか。

井口資仁「ドロ沼不倫→離婚→再婚」ネットでお相手「特定」間際か、人格者キャラは野球でだけ?のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!