NEW

JRA「ルメール支配」東京大賞典まで継続にため息? 有力2頭「ルメデム」も頼みの綱はあの男!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「ルメール支配」東京大賞典まで継続にため息? 有力2頭「ルメデム」も頼みの綱はあの男!?の画像1

 今年も29日に大井競馬場で行われる東京大賞典(G1)。この開催に先立って選定馬16頭が、TCK特別区競馬組合から発表された。地方競馬の1年を締めくくる総決算的レースとしてすっかり定着しているが、今回のメンバーを見てため息を付いた人もいるのではないだろうか?

「今回、チャンピオンズC覇者のルヴァンスレーヴは回避したものの、JRAからはアポロケンタッキー、オメガパフューム、クリソライト、ケイティブレイブ、ゴールドドリーム、スマートレイアー、リーゼントロックの7頭が出走予定です。

 この中ではゴールドドリーム、オメガパフューム、ケイティブレイブの3頭が確かな実績を残しているため、人気を集めると予想されています。ただ、有力視されているゴールドドリーム、オメガパフュームの2頭にはそれぞれC.ルメール騎手、M.デムーロ騎手が騎乗。そのため最後の最後まで外国人騎手で決まる可能性が高い、と考えている人が多いみたいですね」(競馬記者)

 今季、アーモンドアイで秋華賞、レイデオロで天皇賞・秋を制したC.ルメール騎手のG1競走5勝をはじめ、J.モレイラ騎手がリスグラシューでエリザベス女王杯、W.ビュイック騎手はステルヴィオでマイルCSを制覇した。

JRA「ルメール支配」東京大賞典まで継続にため息? 有力2頭「ルメデム」も頼みの綱はあの男!?のページです。GJは、競馬、C.ルメールM.デムーロ東京大賞典の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!