NEW

JRA有馬記念「1週前追い切り」マカヒキ、サトノダイヤモンドに復調気配!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月23日に開催される1年の総決算・有馬記念(G1)。このレースに出走を予定する有力馬が続々と1週前追い切りを行っている。

JRA有馬記念「1週前追い切り」マカヒキ、サトノダイヤモンドに復調気配!?の画像1

 今年の有馬記念を持って引退を発表しているサトノダイヤモンド(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)。栗東CWコースでスプマンテは2馬身、サトノグロワールからは1馬身追走する形で3頭併せ。スプマンテに1馬身半ほど先着し、グロワールとは併入して6ハロン82.2秒、ラスト11.9秒を記録している。

「春は追い切りでもピリッとした動きをすることは少なく、併せた僚馬に先着を許すことさえありました。ただ秋以降は徐々に稽古でも良かったときを彷彿とさせるような走りを見せるようになっています。今回も軽やかな動きを見せてくれました。

 前走のジャパンCは状態こそ良かったものの6着に終わりました。ですがあの時は時計が早すぎたため、後ろから競馬をするサトノダイヤモンドには厳しかったですね。しかし、今回の有馬記念ではそのような展開にはならないはず。2年前にキタサンブラックを撃破した思い出深いレースで、有終の美を飾ることが期待されます」(競馬記者)

JRA有馬記念「1週前追い切り」マカヒキ、サトノダイヤモンドに復調気配!?の画像2

 その一方、一度発表した年内引退を取り消したのがシュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。来年も走ることを決めた同馬は栗東CWコースで3頭併せ。トップオブメジャーに3馬身、グランデストラーダに5馬身先着し、6ハロン80.6秒、ラスト12.1秒を記録している。

「併せた馬はどちらも2歳馬。さすがに力の差があるのか豪快な走りを見せてくれました。昨年の有馬記念は3着、そして今回は前走で騎乗できなかったH.ボウマン騎手が鞍上を務めます。中長距離を得意としているだけにここでも一撃が期待できそうです。来年は、春は天皇賞、秋はアメリカに渡りBCターフへの挑戦も予定されているとのこと。好走して来年に向けてはずみをつけたいところでしょう」(競馬誌ライター)

JRA有馬記念「1週前追い切り」マカヒキ、サトノダイヤモンドに復調気配!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!