NEW

JRA「ガンダムコラボ」が炎上!? 「落ちろ!」不謹慎セリフにドン引きか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「ガンダムコラボ」が炎上!? 「落ちろ!」不謹慎セリフにドン引きかの画像1

 近年は『進撃の巨人』『おそ松さん』『けものフレンズ』『ポプテピピック』などの人気アニメとのコラボも定期的に実施しているJRA。今年は有馬記念に合わせて伝説的アニメ『機動戦士ガンダム』とのコラボした特設サイト「有馬戦士ガンダム」が公開されたと話題になっている。

 この「有馬戦士ガンダム」では、アムロ役声優の古谷徹氏とシャア役声優の池田秀一氏が新たな名セリフを収録した動画、そして2016、17年の有馬記念のレース映像に合わせてアムロが「アリマ、行きまーす!」と叫ぶ様子や、シャアが「見せてもらおうか、有馬記念のレースとやらを」などの名セリフをのせた実況動画「有馬戦士ガンダムMOVIE」を鑑賞が可能。

 さらには、シャアと共に3つのゲームにチャレンジする「育成のシャア~ジオン競馬場で学べ~」、また『キャラクター×モビルスーツ』の組み合わせがデザインされた「ガンダム馬券」がランダムに生成される「ハロガチャ」などのコンテンツを楽しむことができる。伝説的名作アニメとのコラボということもあり、これまで以上の注目を集めるだろう。

「今回のコラボした『機動戦士ガンダム』は、幅広い年代に支持され、知名度も高いためこれまで以上の成功を収めそうです。ただ、ひとつ気になったのが、『有馬戦士ガンダムMOVIE』の2017ver.です。ここでは、レース中に各キャラクターがカットインして『僕が一番、上手く乗れるんだ!』などのセリフで掛け合いを行っています。

 そしてその1シーンでガルマ・ザビというキャラクターが、『この化物が!落ちろ!落ちろ!』と叫んでいるんですよね。これはガルマがガンダムと対峙したときに叫んだセリフです。直接的な意味ではないのは承知の上ですが、やはり落馬事故を想起させるかのようなシーンは使うべきではなかったのでは? わざわざこれを使わなくともほかにも使用に適している名台詞はあると思います」(競馬誌ライター)

 今年も多くの騎手たちが落馬事故でケガを負った。その中にはまだ復帰できずにいる者もいる。JRAはコンテンツの面白さよりも優先するべきものがあったのではないだろうか。

JRA「ガンダムコラボ」が炎上!? 「落ちろ!」不謹慎セリフにドン引きかのページです。GJは、競馬、JRA機動戦士ガンダム落馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!