NEW

新垣結衣「日テレに潰された」石原さとみも被害に……『獣になれない私たち』今年イチの酷評も仕方なし?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新垣結衣「日テレに潰された」石原さとみの次の被害者に......『獣になれない私たち』酷評も仕方なし?の画像1

 新垣結衣主演『獣になれない私たち』(日本テレビ系)が12日に最終回を迎え、平均視聴率は8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、振るわず終了した。

 同作は一昨年大ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で脚本を担当した野木亜紀子と新垣の再びのタッグ。菊地凛子と黒木華、田中圭と豪華布陣による作品ということで「高視聴率間違いなし」との事前予想が多数を占めたのだが……。

 蓋を開けてみれば、第1話こそ11.5%だったが、その後は低空飛行。第6話の10.0%以外はその後2ケタ視聴率はナシという惨状のまま放送終了。最終回も盛り上がることはなかった。

「内容が陰鬱で、新垣さんも共演の松田龍平さんもとにかく暗い……ガッキースマイルを楽しみにしていた視聴者からすれば見続けるのが辛かったかもしれません。他の登場人物たちもとにかくだらしないor性格が悪いorパワハラでイライラ……リアルといえばリアルですが、ドラマがリアルそのものでなければならないなんてことはないですし、多少強引でも希望が見える作品なら視聴者ももう少しついてきたかもしれませんが……。

最終回も、新垣さんが自分の気持ちをさらけ出す『獣』になれたのが『会社を退職』ですから……『そんなもんもっと早くやれ』という声もありますし、10話使ってまでやることではありませんね。気持ちを素直に出す=獣になる……タイトルそのものの結末ではありますが、何の深みもないという印象でした」(記者)

 ココ数年は「ガッキーフィーバー」で何をやっても話題をさらっていた新垣だが、このドラマでその勢いが寸断されてしまった印象だ。悪いのは脚本や内容だと思われるが、それでも「ガッキー作品での失敗」というイメージは拭えない。

新垣結衣「日テレに潰された」石原さとみも被害に……『獣になれない私たち』今年イチの酷評も仕方なし?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!