NEW

【ターコイズS(G3)展望】JRA「未完の大器」集結! 中山マイルに飛躍誓う牝馬たちの熱い戦い

 今週の中山競馬場で行われる重賞は、15日(土)のターコイズS(G3)。暮れの中山を舞台に各世代の実力馬が集まり、来年へ向けた牝馬同士の真剣勝負が期待できそうだ。2015年に新設されたばかりで重賞としての歴史は浅いが、ハンデ重賞ということもあり過去の結果は波乱傾向となっている。今年も難しいレースとなりそうだが、レースの中心となる有力馬を紹介する。

【ターコイズ(G3)展望】JRA「未完の大器」集結! 中山マイルに飛躍誓う牝馬たちの熱い戦い の画像1

 ここまで重賞2勝のプリモシーン(牝3、美穂・木村厩舎)が3勝目を狙う。今年の1月に同じコースで行われたフェアリーS(G3)では、最速のアガリを記録して快勝。コース適性はチャンスは十分にありそうだ。その後の桜花賞(G1)、NHKマイルC(G1)は敗れてしまっているが、夏の新潟ではしっかりと結果を残す。初めての古馬との対戦となった関谷記念(G3)で、3歳牝馬ながら実績豊富な古馬たちを尻目に1番人気に支持された。レースでは中団で折り合い脚をためるいつもの競馬。直線では馬場の真ん中を力強く抜け出し、そのまま古馬を一蹴。ポテンシャルを見せつけている。

 前走の秋華賞(G1)では7着と結果を残すことはできなかったが、これは休養明けと初めての2000mという距離の影響があったと見る。アガリ3ハロンのタイムを見れば全体での2位をマークしているように、持ち味は出せている。秋華賞(G1)以外はすべてマイル戦を戦ってきており、有力候補の筆頭には違いない。ただし、今回は牝馬限定戦とはいえ55㎏の斤量で出走となる点が唯一の気がかり。この馬自身の成長は十分にあるだろうが、夏に古馬と戦った関谷記念(G3)と比べれば一気に4㎏も負担重量が増えることになる。難しいレースにはなるだろうが、ここで結果を残すことができれば来年のヴィクトリアマイル(G1)で中心になりえる存在だろう。

【ターコイズ(G3)展望】JRA「未完の大器」集結! 中山マイルに飛躍誓う牝馬たちの熱い戦い の画像2

 フローレスマジック(牝4、美穂・木村厩舎)は姉兄達の活躍を考えれば、ここを楽勝しても不思議はない。姉のラキシスはエリザベス女王杯(G1)、兄のサトノアラジンは安田記念(G1)を制している良血馬。この馬自身も重賞では2歳時のアルテミスS(G3)で2着、3歳時のクイーンC(G3)とフローラS(G2)で3着と惜しい結果を残してきている。その後はなかなか勝ち切ることができずに苦しんだが、今年の秋は2連勝でオープンクラス入りと、ようやくその実力を発揮してきている。データ的にも中山競馬場ではここまで4戦して3着以下の成績がない相性のいいコース。好走が期待できそうだ。さらに、ハンデをもらえる今回は、重賞初制覇の絶好のチャンスとなる。偉大な姉兄に並ぶ活躍が期待されているだけに、ここで取りこぼすわけにはいかないはずだ。

【ターコイズS(G3)展望】JRA「未完の大器」集結! 中山マイルに飛躍誓う牝馬たちの熱い戦いのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール