NEW

有馬記念(G1)池添謙一騎手と的場均調教師がガチ論議!? “JRAの本気”『夢のVS.』オルフェーヴルVSグラスワンダーの結果は?

【この記事のキーワード】, ,
有馬記念(G1)池添謙一騎手と的場均調教師がガチ論議!? JRAの本気『夢のVS.』オルフェーヴルVSグラスワンダーの結果は?の画像1Gokiより(Wikipedia)

 いよいよ23日に迫った競馬の総決算・有馬記念(G1)の開催に先駆けJRA(日本中央競馬会)は14日、ブランドCM『weekend memories 夢の第11レース』のコンセプトをベースに『夢のVS. 有馬記念』という新プロモーション企画をスタート。

 今なお「JRAの本気」として2011年、12年、13年に好評を博したテレビCMを彷彿とさせる完成度の高さに、早くも多くの競馬ファンの間で話題を呼んでいる。

 今年で63回を迎える有馬記念。歴代の王者たちの中から、特に優れた2頭をピックアップし「同じ有馬記念」を走らせたら果たして、どちらが強いのか――。

 そんな競馬ファンにとって”夢”のようなシーンを、映像を通じて再現したのが『夢のVS. 有馬記念』。第1回に登場したのは共に有馬記念を2勝しているグラスワンダーと、オルフェーヴル。最強の栗毛対決というわけだ。

 武豊騎手に初の日本ダービーをプレゼントしたスペシャルウィークや、凱旋門賞で2着し世界への扉を開いたエルコンドルパサー……今なお、競馬史において「史上最強」と評される黄金世代で一際、大きな輝きを放ったグラスワンダー。

 一方、史上7頭目の牡馬クラシック三冠馬として、国内だけでなく凱旋門賞でも2年連続2着するなど「金色の暴君」と称されたオルフェーヴル。どちらも有馬記念を2勝しているだけでなく、春の宝塚記念も制しており”グランプリ適性”という点でも、歴代屈指の存在だ。

有馬記念(G1)池添謙一騎手と的場均調教師がガチ論議!? “JRAの本気”『夢のVS.』オルフェーヴルVSグラスワンダーの結果は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  5. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  6. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  9. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待
  10. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ